2012年06月26日 10時00分 UPDATE
info Center

「Windows Server Cloud Day 2012」レビュークラウド時代を見据えた、正しいインフラ技術の選択とは?

企業は投資の最適化と俊敏な事業遂行が可能なITシステムを求めている。その実現には、低コストで高度な運用管理性と柔軟性を併せ持つクラウド時代のIT技術を選択しなければならない。その最新情報を一挙に紹介する。

[ITmedia]

キーノートセッション

日本マイクロソフト株式会社

「Windows Server 2012」と「System Center 2012」が変える企業システムの姿

マルチデバイス、クラウド活用時代の今、企業のITシステム基盤には変化が求められている。「Windows Server 2012」と「System Center 2012」によるクラウド時代のテクノロジーを余すところなく解説する。


日本マイクロソフト主催セッション

日本マイクロソフト株式会社

プライベートクラウドが生み出す仮想化を超えた価値

インフラではなく業務を管理したい。新しい業務アプリを素早く展開したい。業務システムの可用性と信頼性を高めたい。仮想化技術の採用だけでは対応しきれないニーズがある。マイクロソフトのプライベートクラウドがもたらす価値とは。


日本マイクロソフト株式会社

「Windows Server 2012」の進化──リリース直前、次期サーバOSの全貌

2012年後半に提供開始が予定されている「Windows Server 2012」。その詳細が国内で初めて明かされた「Windows Server Cloud Day 2012」のセッションを丸ごと収録。


日本マイクロソフト株式会社

アプリ開発者必見! Windows Server 2012互換性対応で注意すべき16のコツ

Windows Server 2012における既存アプリケーションの動作検証や互換性確認においてアプリケーション開発者が注意すべき点について、「OSのバージョンエラー」「スタートアップアプリケーションが起動しない」など具体的な事象を紹介するとともに、その解決方法を解説する。


協賛パートナーセッション

日本電気株式会社

失敗しない! サーバ仮想化からクラウド基盤へのステップアップ

特定の業務システムの仮想化から、全社レベルのプライベートクラウド環境を構築するために必要なこととは? 現在の仮想化導入状況に合わせて、段階的にステップアップできる3つのアプローチを紹介する。


富士通株式会社

Hyper-Vによる仮想化統合の5つの勘所

仮想化技術を導入してサーバを統合してみたが、期待通りの効果を得られているのだろうか? そんな疑問を持つ管理者に向け、Hyper-Vの導入メリットを最大化する仮想化統合基盤の実現方法を導入事例を交えながら紹介する。


ネットアップ株式会社

クラウド基盤を支えるストレージの3つの要件

仮想化からクラウド化へと進むITインフラ。その安定かつ柔軟な運用を行うために今後ストレージに求められる3つの要件がある。