2012年06月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(前)10GbEとサーバ仮想化の普及が追い風となったiSCSI SAN

登場から10年がたつ「iSCSI SAN」。当初の懸念を払拭し、より大規模な企業でも採用されるようになった理由は一体どこにあるのだろうか?

[Sonia Lelii,TechTarget]

 iSCSI SAN(Storage Area Network)が登場してから10年になる。当初、ファイバーチャネル(FC)に対する有力な対抗馬になれるのか懸念されたが、その後、中堅・中小企業(SMB)市場で大きな信頼を勝ち取るに至った。10ギガビットイーサネット(10GbE)の普及とイーサネットストレージの機能強化により、今後は大企業市場においてもiSCSIに明るい未来がもたらされるだろう。

 当初、iSCSIに向けられた懸念は「果たしてイーサネットが正当なプロトコルとなり得るか」「大手FCストレージベンダーが受け入れるだろうか」というものだった。何社かの新興ベンダーが撤退を余儀なくされたものの、EqualLogicとLeftHand Networksは大規模ユーザーを注目させるのに十分な顧客ベースの構築に成功した。Dellが2008年にEqualLogicを14億ドルで買収し、マーケットリーダーに躍り出ると、Hewlett-Packard(HP)も同年の後半、LeftHandを3億6000万ドルで買収してiSCSI市場に参入した。その他のメジャーなストレージベンダーもマルチプロトコル対応やiSCSI専用ストレージなどで、こうした動きに追随した。

 また10GbEの登場により、iSCSIのパフォーマンスはFCに比肩するものとなった。ただし、8Gbpsから16Gbpsへの移行には、より高価なスイッチやアダプターの導入が必要だ。Internet Engineering Task Force(IETF)によって2011年に策定された「Data Center Bridging」(DCB)標準もiSCSIをより強力なストレージにした。この技術はパケット損失を軽減する。イーサネットは損失を少なくすることでFCにより近づいた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

お金を払ってでも使いたい「優良」な有料ツールは何が違うのか
オープンソースのツールでマーケティングオートメーションの入り口を開いた後、やりたい...

news088.jpg

シックス・アパートがCMSプラットフォーム「Movable Type 6.3」をリリース
CMS(コンテンツ管理システム)および関連サービス企業の大手シックス・アパートは、CMS...

news040.jpg

ブレインパッド、人工知能のビジネス活用を支援するサービス提供を提供開始
ブレインパッドは、人工知能(AI)を用いた最新技術のビジネス活用を支援する「機械学習...