2012年07月27日 00時30分 UPDATE
info Center

有名企業の事例から学ぶ!本当に選びたいネットワーク監視・IT運用管理ツール

システムの安定運用にはハイエンドの運用管理ツールが必須なのか? ユニクロを運営するファーストリテイリング、ドン・キホーテなど有名企業による運用管理ツールの選定・活用法からITコスト適正化のヒントが分かる。

[ITmedia]

注目の事例コンテンツ

サービスデスクツール「ManageEngine ServiceDesk Plus」導入事例

ユニクロがグローバル展開の武器に選んだサービスデスクツールとは

積極的な海外展開で今や世界中のアパレル業界にその名が知れ渡るファーストリテイリング。世界中2000店舗以上のユーザーから寄せられる問い合わせ対応のために導入したサービスデスクツールとその選定理由とは。


統合ネットワーク監視ツール「ManageEngine OpManager」導入事例

「ドンキ」の24時間営業を支えるネットワーク監視ツール、その選択の理由は?

システム監視のコストを抑えたい。全国にショップを展開する総合ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」が選んだのは低コストで展開でき、エージェントレスで運用できるツールだった。


IT運用管理製品「ManageEngine」シリーズ導入事例

ベネフィット・ワンがシステム監視コストを5分の1にできた理由

福利厚生サービスを提供するパソナグループのベネフィット・ワンは、システム監視の内製化に取り組み、コスト削減を実現した。寄与したのは高機能ながらコストパフォーマンスの高いネットワーク監視ツールだった。


イベントログ・Syslog管理ツール「ManageEngine EventLog Analyzer」導入事例

日本最大級の「ラグナロクオンライン」、その舞台裏のスマートなログ管理

利用者が急増しているオンラインゲーム。このサービスを支えるネットワーク機器が吐き出す大量のログの管理を適切に処理するにはどうすればいいか。ガンホーが選んだのは低コストで実績もあるログ管理ツールだった。


ゾーホージャパン導入事例

ユニバーサル ミュージックが抱える2つのIT運用課題、解決の鍵はこのツール

KARAやGReeeeN、Perfumeなど多くの有名アーティストを抱える大手レコード会社のユニバーサル ミュージック。情報システム部は2つの課題を抱えていた。それらの課題の解決方法を聞いた。


「ManageEngine NetFlow Analyzer」「ManageEngine OpManager」導入事例

高性能低価格そして安定稼働の理由、「Fusion Cloud」の担当者が語る

2012年4月に開始されたクラウドサービス「FUSION Cloud(フュージョン・クラウド)」。高性能低価格のサービスの安定稼働を支えるのは、定評のあるネットワーク監視ツールだった。FUSION Cloud担当者が導入背景と運用状況を語る。


「ManageEngine ServiceDesk Plus」導入事例

ANAコミュニケーションズの決断、サービスデスクツール刷新で起票作業を40%削減

問い合わせ管理と資産管理業務の統合に合わせてサービスデスクツールを刷新したANAコミュニケーションズ。適切なツールの導入で起票作業時間を約40%削減できたという。ツール選定理由と導入メリットを担当者が語る。


Windowsイベントログ・Syslog管理ツール「ManageEngine EventLog Analyzer」事例

宇宙誕生の謎からガン治療薬まで、最先端の科学研究施設が選んだログ管理ツールとは

最先端科学研究で用いられる大強度陽子加速器。冗長化されたネットワークを通じ加速器制御システムによって遠隔コントロールされる。このネットワークの安定運用においてログ管理ツールが重要な役割を果たしている。


アプリケーション監視「ManageEngine Applications Manager」

「moussy」のバロック、サーバ・アプリケーション監視を一元化しコストを5分の1に圧縮

「moussy」「AZUL」「SLY」など有名アパレルブランドを展開するバロックジャパンリミテッド。同社はプラットフォームごとに使い分けていた障害監視ツールを一元化し、製品コストとインシデント数を5分の1にまで圧縮した。


リッチすぎる機能がコストの無駄を招く

Mapionの事例に学ぶ、サービスデスク運用のコスト・時間を半分にできる秘策とは?

システムとビジネスの安定運用を支えるサービスデスクは企業の生命線を握る業務。だがサービスデスク支援製品を使いこなせず、無駄なコスト、工数が発生しているケースが多い。解決の秘策とは何か?


サービスデスク運用工数削減のキモとは?

ケーヒンに聞く、10分の1の投資で情シスへの問い合わせを半分にできた理由

特定システムのサービスデスク運用の成功例を全社に拡大し、社内からの問い合わせ件数を半分にできた理由とは何か? ケーヒンの情報システム部門に効率化の勘所を聞いた。


サービスデスク効率化のカギはツール選定

テレビ朝日がグループ4000人のインシデントに30人で対応できる理由

新たに導入した会計システムに対するグループ企業16社、約4000人の従業員からの問い合わせ。どうすればたった30人のスタッフで対応できるのか? テレビ朝日が採用したサービスデスク業務の秘策を紹介する。


注目の製品コンテンツ

仮想環境を含む大規模ネットワークの統合監視に

「脱」玄人志向&低コストで、大規模のネットワーク監視を実現する「90:10」とは

主要な運用管理ソフトウェア製品の監視ツールは、高機能・高コストな上に画面設計などが玄人志向で使いこなせないことが多い。業界では監視に必須とされる機能を安価に提供してくれるツールが待ち望まれている。


関連コンテンツ

インシデントが減らない本当の原因とは?

ITIL準拠のサービスデスクを低コストで定着させる2つのポイント

システムの複雑化に伴い、インシデントの量や種類も増える傾向にある。そこでサービスデスク業務を効率化しようとITILや支援ツールを導入するが、なかなか効果が得られない例が多い。その原因と確実な解決策とは?


ゾーホージャパン株式会社

運用管理コストの削減とITサービス品質の向上を両立させる、ITサービスマネジメントの8つのプロセス改善

今日の企業経営にとって極めて重要なテーマである、運用管理コストの削減とITサービス品質の向上。これらの両立を実現 する、ITサービスマネジメントにおける8つの管理プロセスの継続的な改善と、サービスの効率化について解説する。


ゾーホージャパン株式会社

VMware監視を強化した統合NW監視ツールOpManagerで実現する、物理/仮想環境の一元管理

低価格・豊富な機能・優れた操作性が特長の、統合ネットワーク監視ツール「ManageEngine OpManager」は、企業内ネットワークにおける運用管理の業務効率化とコスト低減を支援する。VMware監視機能で仮想環境と物理環境の一元管理を実現する。


ゾーホージャパン株式会社

仮想化/クラウド化の進む企業インフラを守る、情報セキュリティ管理システムと世界のトレンド

不正アクセスや標的型攻撃など、企業内外に潜む情報セキュリティの脅威。それに向けた対策は一般的に莫大な費用を要する。仮想化/クラウド化の進む昨今の企業インフラにおいて、低予算で実現するこれからのログ管理ツールのあるべき姿を、グローバル事例を交えて解説する。


ゾーホージャパン株式会社

直動システムの「THK」、グローバルネットワークの安定稼働の鍵は、拠点間WANトラフィックの可視化

独自技術の「直動システム」で注目されるTHKは、グローバルネットワークの運用課題を解決するため、拠点間WANトラフィックの可視化を実施。障害発生時の問題解決を迅速化し、ネットワークの安定稼働を実現した。その方法とは?同社のネットワーク運用について紹介する。


NEWS

Hyper-V監視機能を追加したネットワーク統合監視ツール ゾーホージャパン

仮想環境の監視対象を従来のVMware ESX環境に加え、Hyper-V環境にも拡張。スクリプト言語ベースでカスタマイズされた監視の実行結果も取得できるようになった。