Loading
2012年07月27日 00時00分 UPDATE
PR

「EMC Data Domain」連携バックアップソリューション データベースのバックアップ高速化や低コストDR環境を実現する方法

多くの企業がデータの保護対策に課題を抱えている中、重複排除アプライアンスと主要なアプリケーションやバックアップソフトを組み合わせるバックアップソリューションが注目を集めている。

[ITmedia]

 企業の重要資産であるデータをどう保護していくべきか? 近年、ITシステムを取り巻く環境が変化し、データ保護対策に課題を抱えている企業が増えている。

 例えば、「データ量の増加への対応」。保護対象データが増えることで、バックアップ用のディスク増設やネットワーク帯域の拡張などのコストが積み上がったり、処理時間の遅延による業務への影響や管理負荷の増大なども問題視されている。また、東日本大震災を契機に「BCP(事業継続計画)/DR(災害復旧)」に対する関心も高くなっている。システム障害が発生した場合に迅速にデータをリストアできる体制が求められているが、高いサービスレベルを求めれば求めるほどにそのコストは膨れ上がる一方だ。

 そんな中、自社の状況に応じた最適なデータ保護環境を実現するソリューションに注目が集まっている。以下で詳しく見ていこう。

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部