2012年08月10日 12時00分 UPDATE
ニュース

NEWSCA、クラウド環境の災害対策を支援するレプリケーションソリューションを発表

CA Technologiesがレプリケーションソリューションの最新版を発表。新機能や機能強化によって、災害対策や業務継続に有効なデータ保護環境の構築を支援する。

[TechTargetジャパン]

 CA Technologiesは8月9日、レプリケーションソリューションの最新版「CA ARCserve Replication r16 SP2」(ARCserve Replication)と「CA ARCserve High Availability r16 SP2」(High Availability)を発表した。同社によると、データやアプリケーションの保護や復旧、可用性を簡単かつ確実に実現でき、災害対策や業務継続に有効なソリューションだという。8月22日に提供を開始する。

 今回のバージョンでは、ネットワークアドレス変換(NAT)への対応やワークグループのアクセス権(ALC)の複製などの新機能を追加した。NAT環境下にあるサーバとインターネット上にあるサーバ間で相互にレプリケーション、リストアが可能になった。既存の暗号化機能やマルチストリーミング機能と組み合わせることで災害対策におけるデータの複製先としてクラウド環境の仮想マシンを活用しやすくなるという。

 また、Active Directoryドメインに参加していないワークグループのサーバ間でもファイルやフォルダのNTFSアクセス権(ACL)を複製できる。この機能により、複製先でアクセス権を設定する必要がなくなり、ファイルサーバの災害対策・冗長化が容易になった。

 さらに、曜日指定によるネットワークの帯域制御を可能にし、ブロック単位のデータ同期パフォーマンスを改善した。その他、「Microsoft SQL Server 2012」への対応やデータの修復機能である「リワインド」機能も強化した。販売価格(税別)はARCserve Replicationが9万8000円から、High Availabilityが22万8000円(年間メンテナンス料金を含む)。

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

スマートスピーカーのスキル開発、今すぐ取り組むために押さえておくべきこと
スマートスピーカーで何ができるのか。これからのマーケターが押さえておくべきポイント...

news028.jpg

日本の広告主は変われたか? アドベリフィケーションに関する意識調査2018――Momentum
Momentumは「アドベリフィケーションに関する意識調査2018」の結果を公表しました。

news094.jpg

LIFULLがAI導入の成果を報告、DMP施策でCVRが最大330%に
LIFULLは、2017年10月に導入したAppierのAI搭載データサイエンスプラットフォーム「AIXON...