2012年08月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドERP製品カタログ【第10回】PCA利用1000社突破、「PCA for SaaS」が他サービスと違う点は?

早くからクラウドERPに取り組んできたPCA。こだわってきたのはオンプレミス版の使い勝手の良さを犠牲にしないことだった。利用1000社を突破した「PCA for SaaS」を紹介する。

[吉村哲樹]

 多くのベンダーが激しいシェア獲得競争を繰り広げてきた中堅・中小企業向け業務パッケージ市場で、早くからパッケージ製品の開発に取り組み、高いシェアを保ってきたベンダーがピー・シー・エー(以下、PCA)だ。同社の主力パッケージ製品「PCA会計」「PCA給与」「PCA商魂」「PCA商管」は、主に従業員100人以下の中小企業の基幹業務に最適化した製品として、多くのユーザーを獲得してきた。また同社は、特定の業界や特殊法人の業務に特化した業務パッケージ製品も多く提供しており、特に公益法人向けの会計パッケージ「PCA公益法人会計」はベストセラー製品として知られる。

 同社のもう1つの主力製品が、中堅規模企業での利用を想定した統合ERPパッケージ製品「PCA Dream21」だ。既に800社以上のユーザーを獲得しており、その機能の豊富さもさることながら、全ての業務モジュールを単一のマスターデータベースを中心に配置した完全統合アーキテクチャを特徴とする(参考記事:販売管理を起点に社内全体の業務効率化を実現する「PCA Dream21」)。

画像 PCAの篠崎洋介氏

 これらパッケージ製品の間接販売を中心にこれまで業務を展開してきたPCAだが、2008年に新たな事業を開始した。それが、SaaSで提供する「PCA for SaaS」だ。これは、冒頭で紹介したPCA会計、PCA給与、PCA商魂、PCA商管をデータセンターの仮想サーバ環境上で運用し、その機能をインターネット経由でユーザーに提供するサービスだ。

 このPCA for SaaSで、業務パッケージベンダーとしていち早くクラウドビジネスに参入した同社だったが、PCA 営業本部 戦略企画部 プロダクト企画グループ 課長 篠崎洋介氏によれば、サービス開始当初は思うようにユーザー数が伸びなかったという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...