2012年08月31日 10時00分 UPDATE
info Center

@IT Technology Keypoint特別編 ITインフラ変革期到来! 企業が取るべきストレージ戦略3つのポイント

近年、企業のストレージ環境は大きく変化した。今回のTechnology Key Point 特別編では、ガートナージャパンアナリスト 鈴木雅喜氏をゲストに迎えて、今後のストレージ戦略や製品選定のポイント、各社のソリューションなどを解説する。

[ITmedia]

企業規模を問わず、多くの企業において飛躍的なデータ量への対応やシステムの拡張性、効率的なデータ管理が求められ、さらに災害・障害対策の見直しなどが進められている。下記3つのポイントで今後のストレージ戦略に迫るとともに、製品選定のポイント、ストレージベンダー各社のソリューションの特長を解説する。


3つのキーポイント

キーポイント1:導入コストを抑えて、拡張性も確保する「スモールスタート」

キーポイント2:最新技術を活用した「データ管理の効率化」

キーポイント3:企業の生命線であるデータを守る「データ保全」


jo_1208031_Web01.jpg

@IT Technology Keypoint 特別編 〜これからのストレージ戦略〜

戦略的なストレージ投資を実現可能にする3つのキーワード

近年、大きく変化している企業のストレージ環境。ストレージの統合やコスト削減を実現しつつ、ビッグデータやクラウドなどにも対応可能なシステムを構築するために必要なこととは何か? そのポイントをガートナー ジャパンのアナリストが語る。


注目コンテンツ

クラウド環境に向けてユニファイド・ストレージが選ばれる5つの理由

本格的な普及期を迎えたサーバ仮想化の次のステップとして、多くの企業がプライベートクラウドに向けた変革を進めている。そんな中、現状のストレージのさまざまな課題が指摘されている。それらを解決できるストレージに関心が集まっている。


間違いやすいVMware環境のバックアップ運用、まずは基礎知識を身に付けよう

現在、多くの企業が仮想環境のバックアップ運用に頭を抱えているという。その悩みを解決する近道は、仮想環境におけるバックアップの仕組みの基礎を確認することだ。


VMware環境において「ビジネス継続性」を強化する方法

ビジネス継続性の確保とディザスタリカバリを実現する方法として、サーバ仮想化の有効活用があげられる。本コンテンツでは、サーバ仮想化の成熟度に応じた重点項目と具体的なアプローチを解説する。


StorSimple クラウド統合型ストレージ 米国マーケットリポート

クラウドを統合した新しいストレージ分野の出現!! 今後ストレージシステムを検討をする際にこの新しい分野「クラウド統合型ストレージ」の定義、理解を深めませんか?


業務システムクラウド化の不安を解消する「持たないプライベートクラウド」とは

可用性やセキュリティ、パフォーマンスを懸念してなかなか業務システムのクラウド化に踏み込めない企業は多い。クラウドサービスの要といえるストレージに焦点を当て、サービス選びのポイントに迫る。