Loading
2012年09月27日 00時00分 UPDATE
PR

SSL VPNと次世代ファイアウォールの同時利用で実現スマートデバイス時代の理想のセキュリティ、「入口と出口の双方同時対策」

スマートデバイスの普及に伴って問題視されているのが、アクセス制御の高度化と急増するスマートデバイス向けのウイルス/ワーム対策だ。その解となる「入口と出口を一挙に守る」ネットワーク環境の整備を解説する。

[ITmedia]

 スマートデバイスの急速な普及を受け、業務の現場ではBYOD(私物端末の業務利用)の動きが盛り上がっている。こうした中で急務となっているのが、スマートデバイスの業務活用を適切に進めるためのセキュリティ対策である。

 必要なセキュリティ対策をいかにして実現すべきか。その手段として注目を集めるのが、個別の端末まで識別可能な高機能なSSL VPNと次世代ファイアウォールを連携させ、LANの「入口」と「出口」の双方に対して対策を実施したネットワーク環境の整備である。その具体例を見ていこう。

提供:丸紅情報システムズ株式会社

提供:丸紅情報システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部