2012年11月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

病院・診療所のクラウドサービス導入意向調査リポート 【市場動向】医療クラウドの導入意欲とサービスのギャップ

シード・プランニングは2012年3月、医療機関のクラウド活用に関するアンケート/ヒアリング調査を実施した。本稿では、調査担当者が現場の医師に聞いた、医療クラウドへの評価や導入意欲を紹介する。

[久保延明,シード・プランニング]

医療現場がクラウドサービス求めることとは?

 2010年の厚生労働省のガイドライン改正を受け、民間のデータセンター事業者が提供するクラウドサービスによる医療情報の外部保存が可能になった。しかし、当初は「医療情報を外部保存する」ことに否定的な考えを持つ医療従事者が多くいた。その後、東日本大震災の影響で医療情報が失われる事態が発生したことを受け、クラウドサービスを肯定的に捉える医療従事者が増えているという(関連記事:なぜ、医療クラウド市場は急速に拡大しているのか?)。

 シード・プランニングは2012年3月、病院の医療情報部門担当者 182人、診療所の経営に携わる医師 126人(計 308人)に対して「病院・診療所のクラウドサービス導入意向調査」を行った。その結果では「災害対策にクラウドを活用する」という意見が多く見られた。また、災害対策以外にも期待する意見も多かった。医療機関にはクラウドサービスを受け入れる素地ができつつあるといえる。

 医療の現場はクラウドサービスに何を求めているのか? 調査結果を基に考えてみる。

施設規模で異なる「クラウドサービスの魅力」

 クラウドサービスには、オンプレミス型システムと比較してさまざまなメリットがある。アンケート調査では、一般的にクラウドサービスのメリットとして挙げられる10項目について、その魅力の度合い(4段階)を尋ねた。また、その度合いに回答者の属性比率を考慮し、点数による重み付けをして集計した。その結果、400床以上の病院と診療所では、クラウドサービスのメリットとして感じている点に大きな違いがあることが分かった。

魅力の度合いと評価点数

とても魅力的な利点である:2点、まあまあ魅力的な利点である:1点、

あまり魅力的な利点ではない:マイナス1点、全然魅力的な利点ではない:マイナス2点


クラウドサービスのメリットの魅力の度合い(400床以上の病院:n = 76)
順位 項目 点数
1位 サーバは遠隔地のデータセンターにあったり、堅牢な施設にあったりするので、災害時など安全である  101.3
2位 サーバが手元(施設内)に置かれていないので、管理やメンテナンスの手間やコストが低減する  90.8
3位 データセンターのサーバは高スペックなので、システムのスピードが速く(レスポンスがよく)なる可能性がある  85.5
4位 サーバの増減がすぐにできる  77.6
5位 オンプレミスのシステムと比較して、安くなる場合が多い  61.8
6位 他施設などとの情報共有がやりやすくなる  47.4
7位 国がクラウド活用を推奨する可能性がある  2.6
8位 月単位など、短い期間での契約ができる  2.6
9位 話題の新しい技術である - 14.5
10位 データ量などでの従量課金のサービス提供である - 15.8

 

クラウドサービスのメリットの魅力の度合い(診療所:n = 126)
順位 項目 点数
1位 オンプレミスのシステムと比較して、安くなる場合が多い  71.4
2位 データセンターのサーバは高スペックなので、システムのスピードが速く(レスポンスがよく)なる可能性がある  65.1
3位 サーバは遠隔地のデータセンターにあったり、堅牢な施設にあったりするので、災害時など安全である  65.1
4位 サーバが手元(施設内)に置かれていないので、管理やメンテナンスの手間やコストが低減する  58.7
5位 サーバの増減がすぐにできる  53.2
6位 他施設などとの情報共有がやりやすくなる  15.9
7位 月単位など、短い期間での契約ができる  8.7
8位 データ量などでの従量課金のサービス提供である - 5.6
9位 国がクラウド活用を推奨する可能性がある - 19.8
10位 話題の新しい技術である - 19.8

 400床以上の大規模な病院では「サーバは遠隔地のデータセンターにあったり、堅牢な施設にあったりするので、災害時など安全である」(以下、災害時の安全性)が、2位に10ポイント以上の差を付けてトップであった。これは、東日本大震災が影響していると言っていいだろう。対して、診療所では「オンプレミスのシステムと比較して、安くなる場合が多い」がトップとなった。診療所では、災害時の安全性が3位となっており、病院と比較すると30ポイント以上の差がある。また2位が「データセンターのサーバは高スペックなので、システムのスピードが速く(レスポンスがよく)なる可能性がある」となっており、日常的に享受できるメリットを求める回答が多く挙げられている。こうした傾向からクラウド活用に当たり、「病院は事業継続性を、診療所は価格の安さなどを重視している」といえる。

クラウドサービスのデメリット

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...

news067.jpg

IMJ、チャットbotとの会話で応募・当選通知まで行えるキャンページの提供開始
アイ・エム・ジェイは、チャットbotを利用して、LINEのトーク画面上で告知から応募、当選...

news013.jpg

VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イ...