2012年11月30日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!BYODが再考促すスマートフォンセキュリティ

部分導入から大規模導入へ。会社支給からBYODへ。スマートフォンの企業導入を取り巻く変化が、セキュリティ対策にも変革を迫る。スマートフォンセキュリティの最新像を見ていこう。

[ITmedia]

スマートデバイスの業務利用に悩む企業への提案

TechTargetジャパンでは2012年9月、スマートデバイスに関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:端末の盗難・紛失が心配

課題2:スマートデバイス経由の情報漏えいに対処したい

課題3:マルウェア対策を徹底したい


注目記事

ポリシーをアプリやファイルに自動適用

スマートフォンアプリの危険性は「ラッピング」で排除できる!

スマートデバイスを安全に企業利用するには、アプリやファイルの適切な管理が不可欠だ。ポリシーの“ラッピング”を使えば、アプリやファイルの安全性を効率的に向上できる。


注目ホワイトペーパー

BYOD対応だけではない。情報システム部門の管理できない端末利用「シャドーIT」の脅威と実情

企業では、コンシューマーで普及しているスマートフォンやタブレット端末などの「スマートデバイス」を業務利用する動きが急速に進んでいる。その裏で現場の社員が隠れて私物のスマートデバイスを業務に使用する「シャドーIT」が問題になっている。


3つの活用事例に学ぶスマートデバイスのセキュアなアクセス環境構築

スマートデバイスから社内への安全なアクセスを実現するためには、セキュリティ機能まで含めたサービス選定が重要だ。セキュアなリモートアクセスを実現した3つのスマートデバイス活用事例を紹介する。


「セキュリティ・クラウド」で社内セキュリティのアウトソーシング、はじめませんか?

今も昔も運用担当者はセキュリティとIT統制監査の対応に振り回されている。セキュリティ管理を自動化するには、クラウド化によるアウトソースが有効な一手となる。


読者調査結果リポート

スマートデバイスに関する読者調査リポート

読者の業務利用率トップはiPhone? それともiPad?

iPhoneやiPad、Andorid端末などのスマートデバイスは、企業でどう利用されているのだろうか。導入数トップの端末は。読者調査を基に、スマートデバイスの利用実態を探る。