2012年11月13日 17時00分 UPDATE
ニュース

NEWS:クラウドサービスで管理する化学物質、製造業で役立つ

製造業には海外拠点と国内拠点で大容量データを共有するニーズがあるなど、クラウドサービスが役立つ下地がある。電通国際情報サービスと沖電気工業は、原材料や製品に含まれる化学物質情報を管理できるクラウドサービス「PLEXUS CM」を開発、サービス提供を開始した。

[畑陽一郎,TechTargetジャパン]

 電通国際情報サービス(ISID)と沖電気工業(OKI)は共同で、製品含有化学物質情報システムをクラウドサービス「PLEXUS CM」として立ち上げた*1)。両社は2011年5月に業務提携を結んでいる。クラウドサービス部分にはISIDの「PLEXUS」*2)を利用、OKIのシステム「COINServ-COSMOS-R/R」(図1)の機能の一部を載せた。

*1) 両社は2011年5月に業務提携を結んでいる(関連記事)。

*2) PLEXUSはクラウドインフラとして、米AmazonのAWS(Amazon Web Services)を利用した製造業を主な対象とするクラウドサービスの集合体。「PLEXUS Cloud Foundation」と呼ばれる基盤システム上で複数サービスが動作する。例えば、設計情報管理サービスの「PLEXUS PDM」や遠隔地バックアップサービスの「PLEXUS BACKUP」、大容量データ共有サービスの「PLEXUS SHARE」、オンラインストレージサービスの「PLEXUS DRIVE」などである。今回のPLEXUS CMも基盤システム上で動作するサービスである。

yh20121108ISID_OKI_590px.jpg 図1 OKIの製品含有化学物質情報システム「COINServ-COSMOS-R/R」の概要 出典:OKI

 COINServ-COSMOS-R/Rは、RoHS指令やREACH規則などの規制を守るために、製品に含まれる化学物質の管理・集計と有害物質の排除を目指したシステム。これらの指令や規則を守るためには、調達する原材料から組み立て、出荷に至るまで化学物質情報を管理し、納入先企業に報告しなくてはならない。

 プラント産業だけではなく、電子、電気、機械産業まで幅広く対応が必要である。さらに、調達から出荷までを複数の国にまたがって進めている場合、管理が難しい。このため、COINServ-COSMOS-R/Rのような専用システムが役立つ範囲は広いという。

 PLEXUS CMは、このような化学物質に関する情報伝達業務を効率化するためのサービスである。OKIのシステムをクラウド向けに拡張し、SaaS型で提供するものである。他のPLEXUSサービスと組み合わせた利用も可能だ。以下のような機能を利用できる。

  • 化学物質情報管理
  • ドキュメント管理
  • 構成情報登録
  • 化学物質含有量集計
  • 報告レポート作成
  • 各種検索・参照

 日本語の他、英語と中国語が利用可能だ。2012年10月31日からサービス提供を開始しており、利用料金は、ベース費用(1契約当たり月額8万円)と、同時アクセスライセンス費用(1ユーザー当たり2万円)の合計額である。初期費用は30万円から。

関連ホワイトペーパー

クラウドコンピューティング | 製造業 | PLM



この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...

news114.jpg

ロックオン、EC-CUBEの機能やデータを外部サービスから利用できる「API機能」のβ版をリリース
ロックオンは、EC-CUBEの機能やデータを外部サービスから利用できる「API機能」のβ版(...

news136.jpg

Webとリアルでは戦う相手が違うから――正しく知りたい競合分析の進め方
前回は競合分析の必要性について述べました。今回はWebマーケットにおける競合分析の具体...