2013年11月13日 08時00分 UPDATE
連載ミドル

総点検: SMBのためのBI活用

「データを基に適切な意思決定をする」。こうしたBIの基本は、規模に関係なく、全ての企業にとって重要になる。BIの最新動向を整理しながら、中堅・中小企業がBI活用に取り組む際の勘所を探る。

[ITmedia]

連載記事一覧

番外編(前編)

“何でもExcel分析”から脱却すべき理由

手軽なデータ分析手段として有用な「Microsoft Excel」。ただし、中堅・中小企業が望むデータ分析を実現するには、Excelだけでは十分とはいえない。調査結果を基に、その理由を説明しよう。


第4回

【製品動向】クラウドとオープンソースで「中堅・中小向けBI」はどう変わる?

企業システムにおけるクラウドやオープンソースの普及は、中堅・中小企業向けのビジネスインテリジェンス(BI)製品を取り巻く状況に変化をもたらしつつある。最新動向を追った。


第3回

【製品動向】分析や可視化をもっと手軽に、「中堅・中小向けBI製品」

中堅・中小企業のビジネスインテリジェンス(BI)製品に対するニーズが変わりつつある。こうした状況を受け、中堅・中小企業向けのBI製品も変化している。最新動向を示す。


第2回

【市場動向】中堅・中小企業が支持するBI製品はどれだ?

中堅・中小企業は、どういったBI製品を支持しているのだろうか。各製品が支持されるポイントとは何か。ノークリサーチの調査結果を基に、こうした疑問を解き明かす。


第1回

【導入効果】未来予測に進む「BI」、中堅・中小企業のメリットは?

ビジネスインテリジェンス(BI)に対するニーズの拡大に呼応し、BI製品の多様化が進む。こうした動きが、中堅・中小企業のデータ活用に関する課題をどう解決するかを示す。


関連記事

読者の知りたいにベンダーが答える!

Excelデータ分析の限界を打破するには

Microsoft Excelをデータ分析ツールとして利用する中堅・中小企業は多い。ただし、データ量の増大に伴い、性能低下などの課題が顕在化しつつある。具体的な解決策を探る。


Loading