Loading
2012年11月30日 00時00分 UPDATE
PR

進化を遂げる、デル×日本マイクロソフトのUCソリューション 見えないコストも削減する、ユニファイドコミュニケーション最前線

多くの企業が事業継続性の重要性を認識し、スマートデバイスやクラウドなど新たな企業ITのトレンドが生まれている。それらの要件に応えるべく進化したユニファイドコミュニケーションが、本格的な普及段階にある。

[ITmedia]

 ユニファイドコミュニケーション(UC)のソリューションが、本格的な普及段階を迎えつつある。UCはこれまでも、音声やメール、ビデオ会議などさまざまなコミュニケーションツールを統合する手法として認知されていた。多くの企業が2011年3月に発生した東日本大震災、それに続く計画停電の影響によって、事業継続の観点から「いつ、どこにいても業務を遂行できる」というUCのコンセプトと真剣に向き合うようになった。

 さらにスマートデバイスのビジネス利用やクラウドコンピューティングの普及など、企業ITの新たなトレンドを背景にUCに求められる要件も様変わりしつつある。ITベンダーも新たな要件を取り込みながら、これまで以上に自社のUCソリューションの拡充を推し進めている。中でも現在市場をリードしているのが、先進的なUCソフトウェア製品「Microsoft Lync」を擁する日本マイクロソフトと、同製品を核としたUCソリューションを世界中で展開しているデルの2社だ。

 この両社がタッグを組んだUCソリューションは、日本においても既に数多くの企業によって導入・活用されている。一体なぜ、両社のソリューションが広くユーザーに受け入れられているのだろうか。本稿では、両社でそれぞれUCソリューションの最前線に立つキーパーソンの対談を通じて、そのソリューションの具体的な特徴を明らかにしていく。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部