2012年12月05日 19時30分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!Excelデータ分析の限界を打破するには

Microsoft Excelをデータ分析ツールとして利用する中堅・中小企業は多い。ただし、データ量の増大に伴い、性能低下などの課題が顕在化しつつある。具体的な解決策を探る。

[ITmedia]

データ分析の現状に悩む中堅・中小企業への提案

TechTargetジャパンでは2012年9月、中堅・中小企業のBI導入意向に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


Excelデータ分析における3つの課題

課題1:データ量が多いとパフォーマンスが悪くなる

課題2:リポート作成の時間がかかる

課題3:業務システムからのデータ抽出作業が煩わしい


注目記事

なぜ企業は分析にExcelを使い続けるのか?

任意の視点で“走りながら分析できる”BIの新たなアプローチ

Excelの処理能力や使い勝手に不満を感じながらも、なぜ多くの企業はデータ分析にBIではなくExcelを使い続けているのだろうか。BIを有効活用できない背景と、新たなデータ分析のアプローチを探る。


読者調査結果リポート

中堅・中小企業のBI導入意向に関する調査リポート

Excel最大の課題は「パフォーマンス」 中堅・中小企業が導入したいBI製品は?

中堅・中小企業では分析やデータ活用業務でどのような課題を抱えているだろうか。導入検討中のBI製品や活用したいデータ、BI分野で注目しているテクノロジーなどの調査結果をリポートする。


関連記事

データ分析の要「BI」の進化、SMBに与える影響とは?

【連載】総点検: SMBのためのBI活用

「データを基に適切な意思決定をする」。こうしたBIの基本は、規模に関係なく、全ての企業にとって重要になる。BIの最新動向を整理しながら、中堅・中小企業がBI活用に取り組む際の勘所を探る。


中堅・中小企業のための「データ見える化」術【第1回】

Excelファイルの個人所有が「見える化」を阻害する

新たなIT投資が難しい状況下では「手元のデータをいかに有効活用するか」が重要。だが、社内に散在するデータを活用に結び付けるのは容易でない。「見える化」によるデータ活用・保全を両立する具体策はあるのか。


ホワイトペーパーレビュー

Excel依存を脱却してERPへ――情報活用の最新が分かる3つのホワイトペーパー

企業で広く使われる表計算ソフトウェアの限界が指摘されている。高度な情報管理や分析を実現するには表計算ソフトに加えて、ERPパッケージを活用する必要があるだろう。