2012年12月06日 11時00分 UPDATE
info Center

“適材適所のクラウド利用”を支援するIBMのアプローチ進化する企業向けクラウドで、攻めのIT戦略を実現

成長を続けるクラウド市場の中、2012年に大きな動きを見せた日本アイ・ビー・エム。同社のクラウド戦略とそれを支える技術・サービス、導入コンサルティングなどの取り組みを一挙に紹介。

[ITmedia]

注目のコンテンツ

クラウド戦略とそれを支える技術の優位性とは?

多様化するクラウドサービス、失敗しないシステム移行の鍵とは?

IaaSやPaaSなどが市場に多く登場し、企業向けクラウドサービスは多様化している。自社システムをクラウドに移行する際には、その適合度を見極めた“適材適所のクラウド利用”が成功の鍵となる。


エンタープライズ分野におけるDevOpsを推進

開発と運用の溝を埋める「DevOps」をクラウド活用で推進

企業ITの果たす役割が、業務の効率化支援からビジネスニーズへの迅速な対応に移行する中、本番環境への迅速な展開を実現する「DevOps」に注目が集まっている。クラウド活用でDevOpsを推進する取り組みを紹介する。


クラウドにまつわるさまざまな課題に応える

経営層が納得する、業務システムのクラウド適用の見極め方

中長期的なIT戦略の柱として、クラウドの活用を掲げる企業は多い。しかし、自社システムへの適用の見極めが難しいのが現状だ。クラウド適用にまつわる課題解決を支援するサービスが注目されている。