2012年12月10日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!増え続けるシステムをどう運用管理する?

物理、仮想サーバやネットワーク機器、ストレージが増え続ける中で企業はどうすれば効率的な運用管理体制を構築できるのか。多くの企業に共通する運用管理の課題を解決する方法を紹介しよう。

[ITmedia]

システム、ネットワークの統合管理に悩む企業への提案

TechTargetジャパンでは2012年9月、企業のシステム運用管理に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:運用管理担当の人員、スキルが不足

課題2:運用管理対象のシステムが増えていて管理が煩雑

課題3:仮想サーバを含めた統合的な運用管理をしたい


注目記事

仮想環境を含む大規模ネットワークの統合監視に

「脱」玄人志向&低コストで、大規模のネットワーク監視を実現する「90:10」とは

主要な運用管理ソフトウェア製品の監視ツールは、高機能・高コストな上に画面設計などが玄人志向で使いこなせないことが多い。業界では監視に必須とされる機能を安価に提供してくれるツールが待ち望まれている。


リモート接続でデータセンターのサーバ運用を効率化

システム一元管理を可能にする「KVMスイッチ」の効果とは?

1台の端末から複数サーバを管理可能にする「KVMスイッチ」は、データセンターにおけるサーバ管理の効率化に役立つ。最新のKVMスイッチの実力に迫った。


関連コンテンツ

「結局はどう自動化し、どう管理するかである」

本Webキャストは、2012年2月24日に開催された「@IT情報マネジメント主催 運用管理セミナー」での講演動画。 講演は日本マイクロソフト エバンジェリストの高添 修氏。


増え続ける仮想サーバと運用コスト。仮想環境の運用管理自動化は可能か?

ITに携わる全ての人にとっての課題である「運用管理コストの削減」。特に仮想化が一般化した今、企業のデータセンター環境は一層複雑化している。仮想環境の運用管理をもし自動化できれば、コストは劇的に削減できる。


ITインフラ管理の自動化を成功させるための10項目

複雑化し続けるITインフラを限られたIT部門リソースで管理することに限界を感じている企業は多い。インシデントへの迅速な対応、可用性の向上、運用コスト削減のため、ITインフラ管理自動化のメリットとポイントを紹介する。


運用プロセス管理のTips

ITサービスマネジメント実現には運用プロセスの改善が不可欠である。本資料では運用プロセスを改善する12の工夫を紹介する。


読者調査結果リポート

企業のシステム運用管理に関する読者調査結果リポート

増大するシステムに悩む現場、読者が考える運用管理の課題とは

TechTargetジャパンは9月から10月にかけて企業のシステム運用管理についての読者調査を実施した。調査結果からは運用管理の課題や利用している運用管理ソフト、今後の投資動向などが分かった。