2013年01月08日 12時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!企業ネットワーク運用の緊急課題にどう対応するか

TechTarget読者を対象としたネットワークの構築・運用に関するアンケート調査では、コストや運用スキル不足が、重要な課題であることが確認された。これらを改善する手段はないのか。新技術に期待できるものは何なのだろうか。

[ITmedia]

企業ネットワーク構築・運用の実態は?

TechTargetジャパンでは2012年10月、標的型攻撃対策に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:ネットワークの構築・運用コストが高い

課題2:管理者不足、管理者のスキル不足により十分な運用管理ができていない

課題3:帯域不足、パフォーマンス低下に悩まされている



企業ネットワークの運用・管理に関する読者調査結果リポート

29%がOpenFlowに関心、だがネットワーク最大の課題は運用体制

新技術が続々登場する中、企業は自社ネットワークの運用について、どう考えているのだろうか。現在の最大の課題は何なのか、読者調査を基に、企業ネットワークの実態を探る。


注目ベンダーコンテンツ

混乱や誤解を乗り越えろ

SDNのための新技術、どう使い分ける?

このところ、OpenFlowやネットワーク仮想化、イーサネットファブリックなど、ネットワーク関連で新技術が続々登場している。ここでは、事業者や企業がこれらを検討し、選択するための指針を探る。


コスト削減から、運用管理、パフォーマンス管理まで

「ネットワーク運用の課題をまとめて解決」って本当?

TechTargetジャパンのネットワーク運用に関する読者調査で浮き彫りになった、ネットワーク構築・運用に関する最も重要な課題は、容易に解決可能だとNECはいう。どうすればいいというのだろうか。