2013年01月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

リポート機能拡充、バグ対策、パートナー連携専門家3人が提言する、サーバ仮想化ベンダーに改善してほしい3つの事

仮想化ベンダーおよびサードパーティープロバイダーは、製品やサービスの品質を改善するために何をすべきか。米TechTargetのサーバ仮想化アドバイザリーボードのメンバー3人に聞いた。

[TechTarget]

 2011年11月の感謝祭前日、われわれは米TechTargetのサーバ仮想化アドバイザリーボードのメンバーに対し、どのようなサーバ仮想化技術が役立っているのかを質問した。彼らは高可用性とディザスタリカバリ(DR)機能に改善をもたらした重要な新ハイパーバイザーを幾つか挙げた。しかし大手仮想化ベンダー各社からエキサイティングな新機能や改良が数多くリリースされているものの、まだ改善の余地があることは明らかだ。

 というわけで2012年は逆に、今後改善すべき点をアドバイザリーボードのメンバーに聞いた。仮想化ベンダーおよびサードパーティープロバイダー各社は、それぞれの製品やサービスの品質を改善するために何をすべきなのだろうか。

クリスチャン・メッツ氏(First American勤務)

 今日の仮想化ベンダーは、リポート作成機能の分野のニーズにまだ対応できていないようだ。米VMwareは「vCenter CapacityIQ」(関連記事:VMwareの仮想化管理ツールの多様なラインアップに戸惑うユーザー)で大きく前進したが、まだ不十分なように思える。ホストサーバと仮想マシン(VM)のパフォーマンスを比較したリポートを作成することはできるが、そのデータが実際に何を意味するかについてはさまざまに異なる見方がある。搭載されたパフォーマンスリポーティング機能がもっと強力で使いやすくなることを望む。米MicrosoftのHyper-Vは非常にきめ細かなリポーティング機能を備えているが、どのカウンターを使えばいいのか、またデータをどう解釈すればいいのかという点が非常に分かりにくい。

 米NetIQや米Veeam Softwareなどの企業から多数のサードパーティーオプションが提供されているが無償ではない。こういったサードパーティー製品を利用すれば、基本的なリポーティング機能を使うのに多額のコストを負担することになる。これらの製品には他にも多くの機能が含まれているので、価格に見合った価値があると言えなくもない。しかし基本的なパフォーマンスリポーティング機能で追加コストが発生するというのはいただけない。MicrosoftとVMwareには、標準のパフォーマンスモニタリングツールにもっと力を入れてもらいたい。

ロブ・マクシンスキー氏(Dartmouth-Hitchcock Medical Center勤務)

 仮想化市場の動きがあまりに速いため、多くのサードパーティーベンダーは特定のハイパーバイザーバージョンや特定の機能を最初にサポートすることに躍起になるあまり、“バグウェア”が増えている。IT業界ではこういったことは今に始まったことではないが、仮想化技術の急速な進歩と市場規模の拡大で、この状況が一層顕著になっている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

DHC、中国向けに初の越境ECをスタート
中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するインアゴーラは、ディ...

news070.jpg

SSP「fluct」、動画広告DSP「ONE by AOL: Video」と連係開始
AOLプラットフォームズ・ジャパンは動画広告DSP「ONE by AOL: Video」とfluctのSSP「fluc...

news004.jpg

「無意識のウソ」を排除せよ――ユーザーの本音を引き出す定性調査の勘所
アンケートに代表される定量調査が「仮説証明型」であるのに対して、「仮説発見型」の方...