2013年01月28日 00時00分 UPDATE
PR

ビッグデータ活用のハードルを下げる「新ストレージサーバ」 従来比6分の1のコストでビッグデータ活用を実現する方法

いよいよ活用フェーズに入ったビッグデータ。ビッグデータ活用に有効な手段として、従来の障壁だった価格面をクリアした「安価にため込むソリューション」が注目を集めている。

[ITmedia]

 “ビッグデータ”という言葉が広く浸透し、多くの企業が関心を寄せている。しかし、この言葉をバズワードとして捉え、「具体的にどう活用するかが明確でない」「投資対効果の説明が難しい」と考える企業も多い。そのためシステム導入が進まないというスパイラルに陥っている。

 現在のビッグデータにおける課題は「ビジネスの場に存在する、多様な非構造化データをいかに効率よく処理するか」にあるといえる。企業の経営者、そしてITマネジャーが必要としているのは、ビッグデータを実現するための受け皿となる安価なハードウェアやソリューションだといえる。

 基幹系システムとは違い、ビッグデータ活用インフラは極論してしまえば“なくてもビジネスが回るシステム”ともいえる。しかし、そのために新たなビジネスの種となる可能性を捨ててしまっていないだろうか。そんな中、従来比6分の1のコストでビッグデータ活用インフラを構築・運用可能なソリューションが注目を集めている。以下で詳しく見ていこう。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部