2013年02月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

あらためて見直すWindows RTの利点Microsoftの“OS統一戦略”がもたらす最大のメリットとは?

Windows 8とWindows RTタブレットを企業で使う場合、管理面でさまざまな問題がある。だが、“エンドユーザー重視”という特性に注目すれば生産性向上につながる大きなメリットが得られる。

[Margaret Jones,TechTarget]

既存のアプリケーションを実行できないWindows RT

 Windows 8ARMプロセッサベースのWindows RTは、従来以上にコンシューマーに的を絞った製品だ。メリットもあるが、企業のIT管理担当者にさまざまな面で課題をもたらすことが懸念されている。

 例えば企業の多くは、他のWindowsベースのデバイスやアプリケーションと連携できるモバイルデバイスを期待していた。だが、Windows RTタブレットはOfficeが付属しているものの、ARMプロセッサベースのアプリケーションしか実行できない。従って、既存の業務アプリケーションを実行するためにはアプリケーションを再開発しなければならない。

 Windows RTタブレットを既存のデスクトップPCと同じように管理したいと考える向きも多かった。だが、Windows RTタブレットドメインに接続できない他、グループポリシーを使って管理することもできない。

Windows RTタブレットはiPhoneやAndroid端末と同じように管理すべき

 しかし、どのようなモバイルデバイスでも、デスクトップPCと同じように管理してしまえば、優れた携帯性やビジネスの機動性向上など、モバイルデバイスならではのメリットも失われてしまう。IT管理担当者はWindows RTタブレットをiPhoneAndroid端末と同じように管理するべきだろう。

 Windows RTタブレットならではのメリットもある。例えば、Windows RTタブレットは仮想デスクトップのライセンスを必要としない。Microsoftのソフトウェアアシュアランス契約を利用するWindows PCのプライマリユーザーであれば、仮想デスクトップアクセスのサブスクリプションなしで利用できる。Microsoftはこの特典を他のモバイルデバイスには提供していない。

 なお、Windows 8搭載のタブレットなら既存のアプリケーションを実行できる他、Windows RTのような管理面での制限もない。デスクトップPCと同様の感覚でタブレットを利用できる点はビジネスユースにおいて大きな利点になるはずだ。

ユーザーエクスペリエンス向上に大きく寄与する“OS統一戦略”

 Microsoftが提供しているクラウドストレージ、「SkyDrive」を利用できる点もWindows 8とWindows RTの大きなメリットといえる。Microsoftの各種クラウドサービスにログオンできるシングルサインオンのアカウントサービス「Microsoftアカウント」でサインインするだけで、ユーザーはSkyDriveに格納したファイルにリモートからアクセスできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...