Loading
2013年02月08日 00時00分 UPDATE
PR

無停止運用と仮想化を同時に実現するソフトウェアFT 企業事例が実証する無停止運用システム構築のポイント ――高信頼性対策&低コスト両立の最適解とは

ビジネスアプリケーションのマネージドサービスを主に中小企業向けに低価格で提供するジェイテック。サービスの競争力と採算性を両立するため選んだのは日本ストラタステクノロジーの「Stratus Avanceソフトウェア」だった。

[ITmedia]

 インターネットを駆使したビジネスプロセスが当たり前となった今、ITシステム運用管理のリソース確保やコスト増、信頼性の確保といったさまざまな課題を抱える企業は増加の一途だ。システムインテグレーターのジェイテックでは安心・低価格でITシステムの運用管理をアウトソースしたいという企業のニーズに応え、グループウェア「サイボウズOffice」、電子メールシステム、Webサービスなどの運用保守をアウトソーシングサービスとして提供していた。

 サービス提供開始当初はマルチドメイン機能を利用していたが、この方法では管理対象数が増えると管理や保守の工数が増大し、要員の増加などがコストにそのまま跳ね返る。またサーバ内で何らかの障害が発生した場合、全てのユーザーに影響を与えてしまう恐れもあった。ユーザー企業の増加に伴い、競争力のあるサービス事業の展開を目指す同社にとって、「コスト」と「サービスレベル」の対策は必須だった。

 そこで同社は運用・管理をシンプルにするため、仮想環境上でユーザー企業ごとの個別の区画を提供するサービスモデルへの転換を検討した。顧客のビジネス継続性を支える信頼性の高い仮想基盤の構築が必須要件だったが、顧客に影響を与えることなく既存環境を移行するためにはWindows、Linuxの両OSに対応していることも重要な条件だった。これらの課題を一挙に解決したのは日本ストラタステクノロジーの「Stratus Avanceソフトウェア」だった。

 Stratus Avanceソフトウェアは、標準IAサーバにインストールするだけでシステムを無停止運用できるソフトウェアFT製品だ。標準搭載の仮想化機能に加え、共有ディスク、管理用サーバが不要で、導入も至ってシンプルだ。HAクラスタや仮想化ソフトウェアのFTオプションなど、他の高信頼システムと比べてシステム全体のコストを抑えることができる点も高く評価されている。

 ジェイテックでは事前検証を実施した。インストールや仮想環境の設定は予想よりもはるかに簡単で、サーバが納入されたその日にシステム構築が完了した。疑似障害テストを繰り返し実施し、Stratus Avanceソフトウェアの「自律連続稼働」が実現する高い可用性を確認した同社はStratus Avanceソフトウェアの採用を決めた。さらにパフォーマンスマネジメント、キャパシティープランニングを実現する「SightLine for Avance」を導入し、ハードウェアとOS、アプリケーションの障害予兆検知とその対処を一元的に行えるようになったのだ。

ジェイテックが構築したシステムのイメージ ジェイテックが構築したシステムのイメージ

 これらの改革により、これまで障害対応や監視のために配置していた要員が不要となり、より高度なサービス維持に人手を割けるようになった。そして競争力と採算性を両立する新たな「マネージドサービス事業」の構築を実現したのだ。ホワイトペーパーでは同社が行った事前検証の内容や結果、担当者の感想が記載されている。

 サービスレベルの向上と経済性を同時に実現したジェイテックの事例は、同様に無停止運用のサービス事業を検討する企業だけでなく、自社システムの運用・管理に頭を悩ませる担当者にとっても大いに参考になるだろう。このホワイトペーパーで、高額な費用と運用工数が掛かると思われがちなシステムの無停止運用を低コストでシンプルに実現できることを確認してほしい。

この記事に興味のある方におすすめのホワイトペーパー

マネージドサービスの選択基準はコストとサービスレベル。サービス事業の競争力と採算性を同時に実現するためジェイテックが選択したのは、インストールするだけで仮想環境の信頼性を担保し、シンプルな運用管理を実現するStratus Avanceソフトウェアだ。

ホワイトペーパーのダウンロードページへ (TechTargetジャパン)

提供:日本ストラタステクノロジー株式会社

提供:日本ストラタステクノロジー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部