2013年03月06日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!ビッグデータに耐えるインフラ構築の最適解

大量かつ多様なデータをいかに効率的に保管するか。ビッグデータ時代の到来は、データを保管するインフラにも変革を促す。ベンダーが示す最新の解決策を見ていこう。

[ITmedia]

ビッグデータインフラの構築に悩む企業への提案

TechTargetジャパンでは2012年11月から12月にかけて、ビッグデータインフラ関連製品の導入意向に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


ビッグデータインフラ構築における3つの課題

課題1:データ/システム連係ができていない

課題2:リアルタイムにデータを扱えない

課題3:ストレージ容量が足りない


注目記事

ビッグデータ活用のハードルを下げる「新ストレージサーバ」

従来比6分の1のコストでビッグデータ活用を実現する方法

いよいよ活用フェーズに入ったビッグデータ。ビッグデータ活用に有効な手段として、従来の障壁だった価格面をクリアした「安価にため込むソリューション」が注目を集めている。


注目ホワイトペーパー

仮想環境のバックアップ運用、最適なツール選択のための8つの注意点

仮想化を導入するとリソースが集約され、従来の物理サーバ監視やバックアップとは運用が異なる部分が出てくる。仮想化環境のバックアップ運用のコツや主要なツールを紹介しながら、その重要なポイントを解説する。


仮想環境のバックアップ:操作は2倍簡単に、オーバーヘッドは半分に

テクノロジ アナリストのTaneja Groupが行った仮想環境のバックアップソフトにおけるパフォーマンス、容量効率、使いやすさなどについての検証結果から、仮想環境でのバックアップ運用の最適解を探る。


中堅・中小企業のための「仮想環境のバックアップとディザスタリカバリ」基礎解説

本書では特に中堅・中小企業のIT部門のために「仮想バックアップおよびディザスタリカバリ」に必要な要素を1つずつ丁寧に解説している。


ビッグデータ活用に必要なストレージの6つの要件

ビッグデータが注目を集める4つの理由と、その活用のために必要な6つのストレージ要件。ビッグデータ活用の成果をもたらすITインフラを構築するために、押さえておきたい項目を示す。


読者調査結果リポート

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート

「ビッグデータで価値創出」は2.3%、課題は人材不足

iPhoneやiPad、Andorid端末などのスマートデバイスは、企業でどう利用されているのだろうか。導入数トップの端末は。読者調査を基に、スマートデバイスの利用実態を探る。