2013年02月18日 13時30分 UPDATE
ニュース

NEWS循環器部門向けデータ統合管理ソリューションを販売、GEヘルスケア・ジャパン

中小規模の医療機関を主なターゲットとして、循環器領域の診断・治療に必要な画像データや検査情報、解析データなどを一元的に管理するソリューションを提供する。

[TechTargetジャパン]

 GEヘルスケア・ジャパンは2月15日、循環器部門向けの統合ソリューション「Centricity Cardio Enterprise」(以下、CCE)の提供を開始した。同社によると、中小規模の医療機関の循環器部門や循環器専門病院を主な対象にしているという(関連記事:群馬県立心臓血管センター、診療の高度化に合わせてPACSをアップグレード)。

photo Centricity Cardio Enterpriseの概念図

 CCEは、循環器部門向け統合データ管理システム「Centricity Cardio Workflow」、循環器領域専用画像解析ビュワー「Centricity Cardio Imaging」で構成される。院内システムや医療機器をオンライン接続し、心臓や血管などの循環器領域の診断・治療に必要な患者情報、各種画像データ、検査情報や解析データなどを一元的に集約する。

 また、検査・処置室や病棟、医局など、院内のどこからでも必要なデータの参照が可能。さらに、心機能解析や狭窄解析分野における解析・計測ツールをオプションで提供する。

 同社によると「多種多様なデータを統合管理することで、増加する循環器疾患の診療の質や検査効率の向上に貢献できる」という。CCEの提供価格は、3000万円から(税別)。GEヘルスケア・ジャパンのニュースリリースはこちら

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...