Loading
2013年02月20日 16時30分 UPDATE
PR

運用管理が容易なミッドレンジ向け「HP 3PAR StoreServ 7000」クラウド構築に欠かせない“ストレージ運用”最適化の3つの秘訣

仮想化やクラウド化が進む中、共有ストレージの重要性が高まっている。しかし、その運用が煩雑になるという課題もある。クラウド環境に適したストレージ運用に欠かせない3つのポイントを紹介する。

[ITmedia]

 仮想化技術が普及した現在、多くの企業が次の段階として“自社システムのクラウド化”を進めている。ここで浮かび上がってくるのが「ストレージ運用の煩雑化」という課題だ。

 クラウド環境では、サーバだけでなくストレージも仮想化し、リソースプールの中から適宜切り出して利用できることが求められる。その実現には「仮想化されたストレージのリソースを効率的に管理・運用できる仕組み」が必要だ。また、企業が保有するデータ量の増加ペースを適切に把握するのは難しい状況になっている。「なるべく手間を掛けずにストレージ環境をアップデートできること」も今後のシステム要件として重要である。

 しかし、多くの企業がこうした新たなストレージ運用のニーズに応えられているとはいえない。では、どのような対応方法が考えられるのだろうか? 本稿では、クラウド環境に適したストレージ運用のヒントを紹介する。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部