Loading
2013年03月01日 00時00分 UPDATE
PR

運用負荷とコスト低減に効くストレージ運用の最適解とは?データ容量を50分の1に、ストレージ管理作業を3倍高速化する秘訣

バックアップにかかる時間や保存場所に厳しい制約がある中で、日々増大し続けるデータにどのように対応していけばよいのだろうか? ストレージ管理を大幅に効率化する秘訣を紹介する。

[ITmedia]

 企業に蓄積されるデータは日々増大している。その最も深刻な影響を受けているのがストレージだ。データが増えるペースに合わせてディスク容量を拡張すれば、運用管理は煩雑になり運用コストもかさんでいく。しかもデータの増加量が予測を下回れば投資コストの多くが無駄になってしまう。

 ストレージ管理者の負担も増している。データ量が増えればバックアップの手間と時間も加速度的に増大する。しかしデータは日々増え続ける以上、こうした状態は一刻も早く解決しなければならない。

 では、データ増大に伴うストレージ運用の課題は、一体どうすれば解決できるのだろうか? 「データ容量を50分の1に、ストレージ管理作業を3倍高速化」した例をはじめ、某動画投稿サイトやVDI導入企業など、大量データを扱う企業の間で採用実績を伸ばしている“ある秘策”を紹介する。

*本コンテンツは、「データ増大に柔軟に対応できるストレージ管理の秘訣とは?」を改題したものです。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部