2013年03月04日 20時50分 UPDATE
ニュース

NEWS:是正措置・予防管理の実行に役立つソリューション、シーメンスPLMが提供

シーメンスPLMソフトウェアは「Teamcenter」のソリューションモジュールとして利用できる是正措置・予防管理(CAPA)用ソフトウェアの提供を開始する。製品データと品質データを結び付け、品質問題をエンタープライズ規模で可視化できるため、一貫性をもった品質管理プロセスを実行できるという。

[畑陽一郎,TechTargetジャパン]

 ドイツSiemensは、製造業の品質向上とコスト削減に役立つ、是正措置・予防管理(CAPA:Corrective Action and Preventive Action)と課題管理を実現するためのソフトウェアを発表した*1)。シーメンスPLMソフトウェアが同社のPLM製品「Teamcenter」のソリューションモジュールとして提供する(図1図2)。

*1) 市場調査会社である米Aberdeen Groupによれば、PLMと品質管理を連動させると、内部・外部の失敗コストを50%以上回避できる。このため、品質に関わる全コストを8%削減できるという。


yh20130304SiemensPLM_Web_1270px.jpg 図1 是正措置・予防管理用のモジュールを組み込んだTeamcenterの画面 他のTeamcenter用モジュールと同様に、ウェブベースで操作できる。出典:ドイツSiemens
yh20130304SiemensPLM_workflow_1328px.jpg 図2 ワークフロー画面 製品データと品質データを結び付け、品質問題をエンタープライズ規模で可視化できる。そのため、一貫性をもった品質管理プロセスを実行できるという。出典:ドイツSiemens

 是正措置・予防措置プロセスとは、ISO 9000で定められた品質マネジメントシステムの一部となる仕組みだ。製品の開発開始から、製造、流通・販売までをカバーしており、販売終了後についても考慮されている。具体的には製品に対する苦情や不良品の出荷、製品の回収などの情報をPDCAサイクルを利用して開発、製造、流通などの段階にフィードバックする。こうすることで、問題の発生を予防することが目的だ。

 「例えば医療機器製造において、FDAや薬事規制法に対応することは、製品の商品化において必須事項だ。苦情報告に対してどのような是正措置、予防を行ったかという記録を残し、後日トレースできることが、FDA対応において必須とされている」(シーメンスPLMソフトウェア)。

品質管理手法「8D」にも対応

 PDCAサイクルを利用した問題解決型の品質管理手法「8D(Eight Disciplines Problem Solving)」(図3*2)に対応しており、品質管理チーム作りから、問題の定義、暫定的な解決、根本的な原因追及、再発防止などの一連の流れに従って対策を立て、実行できる。

*2) 8Dは米Ford Motorが開発した手法。第二次世界大戦中に米軍が軍用規格として採用している。Ford Motorは、1990年代に8DをGlobal 8Dとして改訂した。

yh20130304SiemensPLM_8D_799px.jpg 図3 8Dに対応したレポート出力の例 出典:ドイツSiemens

関連ホワイトペーパー

PLM | 品質管理 | PDCA | ワークフロー | 製造業


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...