2013年03月07日 10時15分 UPDATE
ニュース

NEWS:中小企業にはPLMは不要なのか、PTCが専用ソリューションを販売

設計、製造、販売、サポートなど製品の全てのライフサイクルを一貫して管理できるPLM。PLMは企業の複数の部門にまたがって運用されるため、導入が難しいという理由で敬遠されがちだ。特に中小企業ではIT部門が整備されていないことが多く、導入へのハードルが高い。PTCジャパンは、PLMのうちPDM(製品データ管理)に機能を絞ったソリューションを展開することで、PLMへの道筋を広げた。

[畑陽一郎,TechTargetジャパン]

 PTCジャパンは、中小企業向けのPLMソリューション「PTC Windchill PDM Essentials」の販売を開始した。同社のエンタープライズ向けPLMソリューション「PTC Windchill」のうち、一部の機能をパッケージ化したものである。

 企業の規模が小さくても、製造業が抱える課題は大企業と同じだ。「モノづくり前のモノづくりが求められている。同様に販売後のケアも重要だ。過去においては、PLMは設計部門と製造部門をつなぎ、製造現場における品質管理や歩留り向上にも役立つツールと考えられていた。現在は開発、製造、販売、アフターサービス全てに同一の(設計)情報を生かす取り組みが進んでいる」(PTCジャパン ソリューション戦略企画室PLMシニアエキスパート 後藤智氏)。

 PLMは企業全体にまたがるソリューションであるため、導入前の調査や準備、導入までの手間が掛かる。このため、PLMを敬遠する中小企業が目立っているのだという。しかし、中小企業こそPLMの恩恵を受けるべきだろう。なぜなら、米PTCによれば、米国の製造業の99%が従業員数500人未満であり、これらの企業が生産総額の半分以上を生み出しているからだ。

 今回のPTC Windchill PDM Essentialsは中小企業に受け入れられることを目指したソリューションだ。導入作業の手間を減らすため、インストールと設定をウィザード形式で進められるように改良した他(図1)、データ格納に用いるMicrosoft SQL Serverを含む全ての必要なソフトウェアをパッケージ化した。Webベースで動作するため、設計部門以外であっても、必要な情報を引き出しやすい。

 なお、PTC Windchill PDM Essentialsを導入後、PLMの全機能を利用可能になるパスも用意した。PLMソリューション「PTC Windchill」を新規に導入することなく、拡張できるような設計を採った。拡張時にはデータベースのアップグレードや技術的な移行作業は不要だ。

yh20130306PTC_install_590px.png 図1 インストール画面 インストール時に複雑な設定は不要だ。図では主要な4つのソフトウェアが表示されている。出典:PTC

CADデータの管理に役立つ

 PTC Windchill PDM Essentialsは、PDM(製品データ管理)に力点を置いたソリューションだ。CADデータを企業内で有効活用できれば生産性の向上につながる。そのためには、CADデータを自由に検索し、即座にアクセスできる環境が必要だ(図2)。

 しかし、設計部門を越えて、CADデータへ無制限にアクセスできるような仕組みは危険をはらむ。他部門のスタッフにとっては、どのデータが最新版なのか分かりにくいことはもちろん、不用意なアクセス(上書き)が起こる可能性が高まる。そこで、データの整合性を維持し、セキュリティを確保できるよう工夫した。社内外の許可されたユーザーのみにデータの読み出しと更新を許可するように設定でき(図3)、更新履歴を自動出力するようにした。

 CADデータのライフサイクル管理も実行できる。設計部門が作り出すCADデータは、当初不完全で、製造や購買などの部門からアクセスできないことが望ましい。レビュープロセスを完了した後、データの閲覧や更新が可能になる時点を指定できる。これによって、製造に使うべきではない版のCADデータを誤って参照する恐れがなくなる。

yh20130306PTC_Creo_1298px.png 図2 PTC Creoとの連携 CADソフトウェア「PTC Creo」の内部からPTC Windchill PDM Essentialsにアクセスしているところ。全てのデータ管理機能をPTC Creoから実行できる。AutoCADやSolidWorksなどPTC以外のCADデータも管理でき、他社のCADデータであってもCADデータ間の関連付けを自動更新できる。出典:PTC
yh20130306PTC_access_1687px.png 図3 アクセス権制御画面 ユーザーごとにアクセス権を設定できる。出典:PTC

 PTC Windchill PDM Essentialsでは3次元表示や、マークアップ機能を利用できる(図4)。CADデータから、ビューデータやサムネイル情報、PDFなどを出力する機能も備える。ExcelやWordなどに貼り付けたビューデータの更新がたやすくなるよう、CADデータの管理に用いるチェックイン、チェックアウト機能を使って管理できるようにした。

yh20130306PTC_CVL_590px.png 図4 3次元表示も可能 Creo View Liteを内蔵しているため、PTC Windchill PDM Essentials内で、3次元モデルをさまざまな方向から表示可能だ。出典:PTC

関連ホワイトペーパー

PLM | CAD | 運用管理 | ライフサイクル | 製造業


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...