2013年03月19日 10時30分 UPDATE
ニュース

NEWS中小規模の病院/診療所向けレセコンを発表、ワイズマン

同社の「医療事務管理システム」の機能を拡充し、医療事務会計業務の効率化や他部門との情報連携を支援する。

[TechTargetジャパン]

 ワイズマンは3月18日、中小規模の病院/診療所向けレセプトコンピュータ「レセプトコンピューターシステムΣ」を発表した。同社の医療事務システム「医療事務管理システム」の機能を拡充させたもので、4月1日に販売を開始する。

 ワイズマンによると、レセプトコンピューターシステムΣの会計入力画面では画面配置の分かりやすさと操作性の良さを追求。「必要な情報を参照しながら入力できること」をコンセプトに設計しており、算定漏れを防止できるとしている。

 レセプトコンピューターシステムΣは画面ごとに異なるショートカットキーを配置し、キーボード操作で容易な画面展開が可能。また、入力フィールドに応じた操作ヘルプメッセージをガイダンスエリアに自動表示する他、操作方法が分からない場合は「オンラインマニュアル」ですぐに確認できるという。

photo 会計入力画面イメージ

 日々の会計入力時にレセプトを自動作成する。レセプトチェックソフトと連携することでレセプト点検業務の効率化を図っており、レセプト請求のオンライン化に加えてDPCや労災、新旧自賠責などの医療保険の請求業務を支援する。さらに統計資料の作成機能を搭載。その他、汎用検索機能によって複雑な抽出条件の情報出力にも対応する。

photo レセプトプレビュー画面

 レセプトコンピューターシステムΣは、医療施設向けの介護保険請求システム「メディカル介護システム」と連動し、患者台帳や入退院情報を共有できる。例えば、介護療養病棟から医療保険病棟へ転棟した場合の複雑な請求業務をスムーズに実施できるなど、医療保険と介護保険の請求業務の一元管理を可能にする。

 さらに、ワイズマンの電子カルテ「電子カルテシステムER」と接続することで、電子カルテの診療情報を会計情報として取り込める(関連記事:医療/介護の情報連携に強みを持つ「電子カルテシステムER」)。同社によると、レセプトコンピューターシステムΣを導入することで、オーダリングシステム電子カルテへの段階的なステップアップが可能だという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...