2013年03月27日 20時30分 UPDATE
ニュース

NEWSNTTデータ イントラマート、エンタープライズ向けPaaSを発表

既存のWebシステム開発/実行基盤をPaaSとして提供。他のクラウドサービスとの連携性を高めるとともに、基盤上で稼働する業務アプリケーションをパートナー企業と共同で開発・提供する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 NTTデータ イントラマートは3月27日、エンタープライズ向けPaaS(Platform as a Service)「Accel-Mart」を発表した。2013年5月に試験運用を開始し、同年6月に本番稼働を予定している。

 Accel-Martは、同社が2012年10月にリリースしたシステム基盤「intra-mart Accel Platform」(以下、iAP)をベースとしている。iAPは、Webアプリケーションサーバ「Resin」やJava EEフレームワーク「Seasar2」といったシステム開発・実行基盤と、ワークフローやBPM(Business Process Management)、ポータル、モバイル、ERP連携モジュールなどのコンポーネントで構成される。既に2500社以上の導入実績がある。Accel-Martでは、iAPのシステム開発/実行基盤やiAP上で開発された業務アプリケーション群をクラウドサービスとして利用する。

photo Accel-Martのサービスイメージ

 NTTデータ イントラマートの代表取締役社長 中山義人氏は、調査会社IDC Japanが発表した「2011〜2016年の国内パブリック・クラウド・サービス市場に関する実績/予測」(2012年)の「今後PaaSが本格的な発展を遂げる」という予測を引き合いに出し、「PaaSの普及によってプライベート、パブリック、オンプレミスを融合するハイブリッドクラウドの展開が重要になる」と解説。その上で「iAPやAccel-Martによって、オンプレミス上の業務アプリケーションをクラウドに移行したり、アプリケーション間の連携を実現したりするなど、ハイブリッドクラウドへの展開を容易に実現できる」と説明した。

 Accel-MartはオンプレミスのiAPや外部クラウドサービスとも連携可能で、同社の既存のユーザーはSSO(シングルサインオン)認証によって連携できる。

photo Accel-Martの連携イメージ

 NTTデータ イントラマートのクラウド推進本部長 田中秀明氏は「Accel-Martは、企業活動をサポートする“情報蓄積”“情報分析”“業務統制”“業務改革”の機能をクラウドで提供する」と説明。特に「既存システムに対する機能の“補完”、ワークフロー/BPM基盤によるビジネスプロセスの“連携”、企業間やクラウドサービスとの“統合”などを実現する」と語った。Accel-Martは、NTTデータの「BizXaaSプラットフォームサービスFlex」とNTTコミュニケーションズの「BizホスティングCloudn PaaS」の上で稼働する。

 またAccel-Martでは、NTTデータ イントラマートと同社のパートナー企業が開発する業務アプリケーションを「intra-mart Store」から順次提供する。NTTデータ イントラマートはパートナー企業とともに「Accel-Martコンソーシアム」を設立予定で、各種テンプレートの検討やアプリケーション間の連携、情報共有をしながら対応アプリケーションの拡充を進める。現在、提供予定のアプリケーションは以下の通り。これらのアプリケーションは、共通インタフェースと統合マスターによるデータ連携が可能だ。

  1. コラボレーション製品「intra-mart Accel Collaboration」(NTTデータ イントラマート)
  2. 文書管理システム「intra-mart Accel Documents」(富士ゼロックス)
  3. 経費・旅費などのワークフローシステム「intra-mart Accel 皆伝!」(スミセイ情報システム)
  4. 購買調達システム「intra-mart Accel FAST購買(仮称)」(TIS)
photo NTTデータイントラマートの中山義人社長(左から2番目)と田中秀明クラウド推進本部長(左から5番目)。富士ゼロックスの勝丸泰志氏(左から1番目)、スミセイ情報システムの伊藤新氏(左から3番目)、TISの山本修司氏(左から4番目)

 Accel-Martは「プライベートクラウド」「パブリッククラウド」の2種類のクラウドに対応。今回は、他のユーザー企業とリソースを共用しないシングルテナント型のプライベートクラウド版(プライベートクラウドプラン)を提供する。マルチテナント型のパブリッククラウド版については2013年夏以降にリリースする予定だ。

 Accel-Martのプライベートプランでは、利用規模に応じて4種類のリソースプランがあり、さらにiAP基盤の種類によって利用金額が異なる(下記以外にも個別見積もりのカスタムパッケージを用意)。

Accel-Martのプライベートプランの参考価格
プラン名 想定利用者規模 月額料金(Advanced版搭載) 月額料金(Enterprise版搭載)
Tiny 〜100人 17万5500円 19万6500円
Small 〜300人 25万2500円 27万3500円
Medium 〜700人 38万4500円 42万6500円
Large 〜1000人 48万5000円 54万7000円
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

楽天イーグルス、スポーツマーケティングのデジタルシフトへ「b→dash」を導入
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」が楽天イーグルスを運営...

news063.jpg

「AIコピーライター 言葉 匠」 トランスコスモスが開発
トランスコスモスとAI研究所Communication Science Labは、インフィード広告を中心とした...

news059.jpg

「Oracle Analytics Cloud」がプライベートDMP構築で活用される理由
日本オラクルは「Oracle Analytics Cloud」の拡充を発表した。プライベートDMP構築にも活...