2013年03月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

TechTargetジャパン プレミアムレビュー情シスとして生き残る、選ばれるために必要なこと

情シスの社内プレゼンス向上に役立つ情報をお届けする「TechTargetジャパン プレミアム」。今回はクラウド時代に情報システム部門が求められる新たな役割を再考した。

[TechTargetジャパン]

「TechTargetジャパン プレミアム」第4弾、『情シスとして生き残る、選ばれるために必要なこと』をダウンロード提供

@IT情報マネジメントの記事から、情シスの社内プレゼンス向上に役立つコンテンツを再編集、あるいは新規書き起こしでお届けするPDFコンテンツ「TechTargetジャパン プレミアム」。その第4弾となる『情シスとして生き残る、選ばれるために必要なこと』をTechTarget ホワイトペーパーダウンロードセンターからダウンロード提供している。ぜひご活用いただきたい。


“支持される情シス”になるために必要な視点とは何か?

 仮想化、クラウドの浸透は、業務部門にメリットを提供する一方で、情報システム部門を苦しい状況に追い込んでいる。システムが複雑化して運用管理負担が増していながら、ITコストは制限され、運用管理スタッフがカットされる例も増えた。それどころか、スピーディかつ効率的なビジネス展開を狙って、業務部門が直接パブリッククラウドを利用してしまうケースも増え、情報システム部門の存在意義が危ぶまれる傾向も見えている。

 無論、ITシステムの全てがパブリッククラウドやベンダー、SIerによる各種サービスに置き換わるわけではない。だがIT活用に対するビジネスサイドの期待に着実に応えていくためには、情報システム部門の在り方をあらためて考えてみる必要があるのではないだろうか。

ALT クリックでダウンロードページへ

 @IT情報マネジメントの過去記事から情シスの社内プレゼンス向上に役立つコンテンツを再編集、あるいは新規書き起こしでお届けする「TechTargetジャパン プレミアム」。その第4弾となる『情シスとして生き残る、選ばれるために必要なこと』は、以上の課題認識を基に、ガートナー ジャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ 主席アナリストの長嶋裕里香氏にインタビューし、新たに書き起こしたコンテンツだ。社内で存在意義を発揮できる情報システム部門に変わるためのポイントを、長嶋氏はさまざまな観点から掘り下げている。

 注目すべきは、仮想化、クラウドの浸透により、「必要なときに、使える状態でIT基盤を用意する/柔軟に変更する運用が求められるようになった」という指摘だ。長嶋氏はそうした状況を挙げて、「単なる死活監視ではなく、“ビジネスの成果”を見据えた運用管理が重要になっている」と解説する。例えば、パフォーマンス管理もシステムだけを見るのではなく、その先に存在するビジネスの成果に目を向け、企業のパフォーマンスにひも付けてモニタリングする。普段の活動もインシデントに対応するだけではなく、ビジネスに役立つサービスメニューを開発、提案する能動的なスタンスに変える――これが社内で存在意義を発揮するための軸になるとして、そのために必要な取り組みを現実的な観点から解説している。

 ハードウェアのコモディティー化やパブリッククラウドの浸透は、リソース調達を手軽にした。だが同時に、全社的なガバナンスの乱れやコストの無駄を生み出している。こうした問題が山積みの中で、情報システム部門が担うべき新たな役割とは何か?――運用自動化製品や垂直統合型製品などの意義にも触れながら、長嶋氏は社内で支持されるための数々のポイントを説く。「経営とITの橋渡し」の真意とともに、「今何をすればよいのか」が鮮明に見えてくるはずだ。

この記事に興味のある方におすすめのホワイトペーパー

運用管理負担の増大や厳しいコスト削減に苦しめられている上、クラウドの浸透により社内での存在意義も危ぶまれつつある情報システム部門。今後、情シスはどう振る舞うべきなのか?

ホワイトペーパーのダウンロードページへ (TechTargetジャパン)

 TechTargetジャパン プレミアムは毎月1本、ホワイトペーパーダウンロードセンターから提供する。ホワイトペーパーダウンロードセンターでは、技術文書や製品資料、事例紹介などを多数掲載している。ぜひ併せてダウンロードしてご活用いただきたい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...