Loading
2013年04月23日 00時00分 UPDATE
PR

Oracle Exadataなどの導入事例サントリー、新DB基盤で顧客対応システムの処理を最大50倍に高速化

飲料メーカー大手のサントリーは、Oracle Exadataなどを活用し、顧客対応システムのデータベース基盤を刷新。処理速度を最大50倍に高速化し、業務の効率と質を大幅に向上することに成功した。

[ITmedia]

 サントリーグループ(以下、サントリー)は1899年の創業以来、酒類、清涼飲料、健康食品を中心に、日本をはじめ世界各国へ安全で質の高い製品やサービスを提供する企業だ。近年では酒類食品の他、花やスポーツなど幅広い事業も展開している。いずれも、国内・海外市場ともに順調な成長を遂げている。

 ところが、こうしたビジネスの成長に伴い、顧客データは年率数十%のペースで増加し、顧客対応システムのデータベース基盤は性能の限界に近づいていた。今後も加速度的にデータ量が増え続けることが予測され、このままでは業務への影響も懸念されていた。サントリーのIT部門は「システムのせいでビジネスが停滞することがあってはならない」と、顧客対応システムのデータベース基盤を24時間365日稼働するシステムへ刷新することを決断した。

 サントリーが幾つかの製品の中から選んだのは「Oracle Exadata」をはじめとするオラクルのソリューションだった。なぜサントリーはOracle Exadataを選択したのか? そして、Oracle Exadataでは得られた具体的な効果とは?

データベース基盤刷新事例セミナー(無料):〜サントリーのプロジェクトマネージャーが語るプロジェクト秘話

2013年6月5日(木)15:30〜18:30(開場15:00)、コンラッド東京

aa_orasun_banner.jpg

 データベース基盤を刷新する場合、可用性、パフォーマンス、災害対策など検討のポインは多岐にわたる。特に、データベースは企業システムの中核であるため、より確実性の高い移行プランが求められる。

 本セミナーでは、データベース基盤の刷新によって高いパフォーマンスや災害対策を実現したサントリーのIT基盤について、同社プロジェクトマネージャより実際のプロジェクトにおける課題と成果を紹介する。


提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部