Loading
2013年04月23日 00時00分 UPDATE
PR

「遅いバッチ処理」を効果的に解決仮想化とインメモリで実現、高速かつ低コストなデータ処理手法とは?

バッチ処理を高速化したいが、余分な投資は抑えたい。その解決の鍵は、「仮想化」と「インメモリ」という2つの技術の組み合わせにあった。その具体像を探っていこう。

[ITmedia]

 企業活動を通じて収集/蓄積されるデータの重要性について、あらためて多くを語るまでもないだろう。自社が直面している課題は果たして何か。またその解決のために、どのような施策を講じるべきなのか。データはこれらの解を導き出すための貴重な指針となる。

 データ活用を進める上で課題となるのが、高速なデータ処理システムの構築だ。特に大量データを一括処理するバッチ処理の速度に課題を抱える企業は少なくないだろう。とはいえ、十分な予算が確保できないといった理由などで、処理速度の向上ができないケースは少なくない。

 こうした課題を克服し、高速なデータ処理基盤を実現したい。その解決策となるのが、「仮想化技術」と「インメモリ」の組み合わせによる高速処理のアプローチだ。その具体例を紹介する。

提供:日本電気株式会社

提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部