Loading
2013年04月22日 00時00分 UPDATE
PR

サーバの消費電力と設置スペースの問題を解決サーバ革新の波を起こす、次世代型カートリッジサーバが登場

処理すべきデータが加速度的に増える中、システム担当者の多くがサーバの消費電力と設置スペースへの対応に迫られている。問題解決に向けた新たなサーバアーキテクチャが登場し、注目を集めている。

[ITmedia]

 サーバの高密度化や稼働率の高まりを受け、ラック当たりの消費電力が増加している。システム担当者にとって、サーバの消費電力は悩ましい問題だ。消費電力が増せば放出熱量も増加し、機器の冷却対策にもさらに電力が必要になる。

 TechTargetジャパンが2013年に会員を対象に実施した「ITシステムにおける省電力および電力管理に関する読者調査」によると、システムの「電力使用量の削減」を期待する企業の割合は全体の約7割に達している。多くの企業にとって消費電力は切実な問題となっていることが理解できるだろう。加えて、サーバ台数は増加の一途をたどっており、設置スペースの問題も出ている。

 ビッグデータ時代の到来でデータ量は加速度的に増え、その処理を担うサーバの急増は避けられない状況だ。「消費電力」「設置スペース」の2つの問題が深刻さを増す中、こうした問題解決に向けた新たなサーバアーキテクチャが登場した。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部