2013年04月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ケンコーコム、ミサワホームなどが移行第3の選択肢「ERP on パブリッククラウド」、その可能性を聞いた

ケンコーコム、ミサワホームなど既存のERPをパブリッククラウドに移行する事例が相次いでいる。AWSなどクラウドサービスの機能充実が背景にある。パブリッククラウドのメリットとは。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 これまでSaaSプライベートクラウドでの利用が多かったERPクラウド利用で、パブリッククラウドを活用した事例が多くなってきた。特に機能が充実した米Amazon Web Services(AWS)の IaaS「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)を利用するケースが目立つ。企業はこうした「ERP on パブリッククラウド」をどう捉えればいいのか。ガートナー ジャパンのアナリスト 本好宏次氏に聞いた。

 企業がERP on パブリッククラウドに注目する背景には、オンプレミス型ERPや既存のクラウドサービスに対するこれまでの不満がある。オンプレミスでは、高額なハードウェアやミドルウェアを自社で用意したり複雑なシステム運用管理を行う必要があり、導入期間も長い。企業はこれらの不満の解消をクラウドに期待してきた。だが、既に利用が進んでいるSaaSのERPでは柔軟性が低く、自社の都合に合わせてERPをカスタマイズすることが難しい。またSaaSでは専用のERPパッケージが用意されていることが多く、自社がこれまで使っていたERPを流用することができない。

 一方、自社内にクラウド環境を構築するプライベートクラウドでは、ERPを自由に構成できるものの、ハードウェアやミドルウェアを自社で用意する必要があり、オンプレミス環境と比べて大きなコストダウンを実現できるというわけではない。ERPの利用規模に応じたリソース追加などの拡張性や柔軟性も乏しい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

読売巨人軍がマーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入
読売巨人軍が、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入を決...

news100.jpg

IDOMが挑むモバイルWebサイトの表示速度改善、具体的なノウハウと効果は?
前回に引き続き、中古車買い取り・販売の「ガリバー」におけるWebサイトの表示スピード改...

news087.jpg

WACUL、人工知能を活用したWeb改善ツールに「毎日の成果管理」機能を追加
WACULは、人工知能によるWebサイト分析ツール「AIアナリスト」に新機能「毎日の成果管理...