2013年04月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

各社自慢の統合インフラを徹底比較(前編)今、最もお買い得な統合プラットフォーム製品はどれ?

複雑化したシステムの運用管理負担を下げられるとして、統合プラットフォーム製品の市場が伸びている。本稿ではCisco、VCE、NetAppの統合インフラの製品を徹底比較した。

[Bob Plankers,TechTarget]

 統合インフラの市場が急速に拡大している。その背景には、IT部門の規模の大小を問わず、「ITインフラの複雑化は好ましくない」という認識の浸透がある。米Hewlett-Packard、米Dell、米IBM、米Cisco Systems、米VCE、米NetAppの各社は、調達/運用コストの削減、ネットワークの統合、管理の簡素化、配備の迅速化、ストレージコストの削減、消費電力の低減を目指した製品を提供している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...