2013年04月24日 17時00分 UPDATE
ニュース

NEWS電子カルテとレセコンのクラウドサービスを相互連携、LSCとサイバーリンクス

両社が販売するクラウド型の電子カルテ、レセプトコンピュータを相互連携することで、在宅医療などの院外における医療活動を支援するという。

[TechTargetジャパン]

 ライフサイエンス コンピューティング(LSC)とサイバーリンクスは4月24日、医療クラウド事業での業務提携を発表した。LSCが開発販売しているクラウド型電子カルテ「OpenDolphinクラウド」と、サイバーリンクスが提供しているクラウド型レセプトコンピュータ「クラウドORCA」を相互連携し、両社の販路を活用してさらなる普及を目指すという(関連記事:SaaS形式でも活用できる低コスト電子カルテ「DolphinPro」)。

 OpenDolphinクラウドは、オープンソースの電子カルテ「OpenDolphin」をクラウド化したサービス。また、クラウドORCAは日本医師会が開発した電子レセプトソフト「日医標準レセプトソフト」(ORCA)をクラウド化したサービス(関連記事:なぜ、医療クラウド市場は急速に拡大しているのか?)。両社はともにクラウド型サービスを提供するという強みを生かし、今後ますます重要性が増す在宅診療など、院外の医療現場をサポートするとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...