2013年05月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み

ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。

[Bob Plankers,TechTarget]

 「ITインフラの複雑化は好ましくない」という認識の浸透を受けて、ストレージ、ネットワーク、コンピューティングリソースを、1つのユニットに統合して提供する統合プラットフォーム製品が注目を集めている。ただ、データセンターの管理者が描く統合インフラの将来像がさまざまであるのと同様、ベンダー各社の製品特性もそれぞれ異なる。自社のデータセンター効率化に最適な製品を選ぶためには、各ベンダー製品の違いを見極めておく必要がある。

 前編「今、最もお買い得な統合プラットフォーム製品はどれ?」ではCisco Systems、VCE、NetAppの統合プラットフォーム製品の概要を紹介した。今回は“ビッグスリー”ベンダーである米Dell、米IBM、米Hewlett-Packard(以下、HP)の製品を紹介する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news120.jpg

「Instagram」の広告主が全世界で100万を突破
Faebook傘下のInstagramは、「Instagram」の広告主が全世界で100万を超えたことを発表した。

news103.jpg

EC市場、日本は米国と中国に続き3位──PayPal調査
PayPalは、オンラインショッピングおよび越境ECに関する消費者の行動と意識について調査...

news098.jpg

博報堂DYグループ、デザイン心理学を活用したオウンドメディアデザインソリューションの提供開始
博報堂DYホールディングスの博報堂DYグループ・次世代オウンドメディア・マーケティング...