2013年05月24日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい!」にベンダーが答える変化するリスクにどう対応、BCP対策の最新状況は

自然災害をはじめ、企業経営に影響を及ぼすさまざまなリスク。企業はリスクに応じたBCP対策を検討、実施している。企業が直面する新たなリスクとその対応を明らかにする。

[ITmedia]

BCPに悩む企業への提案

TechTargetジャパンでは2013年2月にBCP(事業継続計画)に関する読者調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


BCP対策における3つの課題

課題1:既存のBCP対策の強化・拡充

課題2:IT関連など新しいリスクへの対応

課題3:BCP対策システムのコスト


注目記事

EMCジャパン

BCP/DR、実効性とコストを軸に発想を転換せよ

東日本大震災から2年以上がたった。だが、自らのITサービス継続計画やIT面での災害対策に自信を持っている企業や組織は少ない。ある程度の対策を実施済みの企業でも、実効性に大きな不安を抱いているケースが多い。こうした状態から抜け出すには、発想の転換が必要だ。


注目ホワイトペーパー

使わないかもしれないDRサイトをお金を掛けずに作る方法

万一のことを考えれば、コールドサイトやウォームサイト、ホットサイトを用意すべきだが、使わずに済むお金はできれば使いたくない。そんなニーズを実現する方法を紹介する。


バックアップ/リカバリにもクラウドを──ビジネス回復力強化の道筋

システムやデータのバックアップ/リカバリを自社開発ソリューションに依存している企業は少なくない。クラウド化することで得られるメリット、「ビジネス回復力」に直結するシステムこそクラウド化すべき理由を示す。


関連記事

システム冗長化だけがDR対策ではない

企業のディザスタリカバリ対策は機能したか?

東日本を襲った2011年3月の大震災。企業のディザスタリカバリ(災害復旧)対策は、十分に機能したのか。企業のディザスタリカバリ対策支援を行っているプライスウォーターハウスクーパースの担当者に話を聞いた。


見直し迫られる企業の事業継続

BCP機能せず、そのとき企業に何が起きたのか

企業にとって多くの想定外が発生した東日本大震災。事前に策定していたBCP(事業継続計画)の実行にも混乱が見られた。そこから学ぶことができるBCPの課題と今後の対策とは。


エンタープライズリスク管理と事業継続の基礎

避ける・減らす・分散する・受容する──BCPのためのリスク管理

エンタープライズリスク管理は、事業継続計画(BCP)策定の要となる部分だ。リスク、脅威、脆弱性そしてリスク管理プロセスを理解することが、事業継続プロフェッショナルの仕事の基本だ。


読者調査結果リポート

企業の災害対策に関する読者調査リポート

年々増加するBCP関連ツールの導入と運用、企業の災害対策の最新状況は

企業の災害対策に関する読者調査を実施。2011年、2012年の調査結果との比較で企業におけるBCP対策の進捗状況が分かる。企業が直面する新たなリスクとその対応とは。