2013年06月07日 17時00分 UPDATE
特集/連載

週間記事ランキング「イノベーションの欠如」こそ、クライアントPC不況“真の戦犯”

縮小傾向が止まらないクライアントPC市場。一体、どうしてこんなことが起こったのか。その真相を新たな視点から考察する記事が関心を集めました。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。

[TechTargetジャパン]

 今週最も多く読まれた記事は、「iPhoneでもWindows 8でもない、PC不況“真の戦犯”」でした。

 “戦犯”がもしいるとすれば、多くの人が思い浮べるのは、iPhoneやiPadでしょうし、Windows 8と考える向きもあるでしょう。しかし、筆者の視点は少し違っているようです。「責任の大半は米Microsoftにある。だが、責められるべきはMicrosoftだけではない。既存の大手クライアントPCメーカー各社も失敗を犯した」と主張します。また、その失敗を引き起こした原因は「イノベーションの欠如」だと指摘します。

 その失敗は挽回できないものなのでしょうか。そして、クライアントPC市場の縮小傾向はこのまま続いていくのでしょうか。筆者はどうやら新たな展開を予測しているようです。

 2位には「何が起きたのか『韓国大規模サイバー攻撃』」が入りました。国際政治という面からも注目される事件でしたが、それ以上に「堅牢なはずの大規模システムがどのようにして攻撃され、機能停止に陥ったのか。今後どう守るのか」というテクノロジーの問題として関心を集めたようです。

 2013年3月20日に韓国で発生した大規模サイバー攻撃、通称「320サイバーテロ」は、韓国の金融機関を中心に甚大な被害をもたらしました。ATMやモバイルバンキングが使えなくなるなど、社会不安を引き起こしかねない攻撃だったのです。この記事では、韓国政府のタスクフォースメンバーとして320サイバーテロを解析した、セキュアソフト CERT所長のソン・ドンシク氏の話から、その攻撃の内容、手法そして今後の対策がまとめられています。

 この他、4位「【徹底比較】安心・満足なクラウドはどれだ? 62のIaaSランキング」、6位「クラウドでコスト削減は本当? オンプレミスと比べてみる」、8位「AWSで試すべきクラウドデータベース四天王」など、クラウド関連記事が3本もランクインしています。TechTargetジャパンでは、国内外のクラウド関連情報を幅広くお伝えしていきます。ご期待ください。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...