2013年06月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Google Maps Coordinate導入事例Googleマップでジョブ管理を実現した英水道会社──Googleのサポート体制は?

水事業会社の英Sutton & East Surrey Waterは、Googleマップを活用した作業割り当てシステムを構築。地方自治体の要件の順守、顧客対応の向上、コスト削減の面で成果を上げている。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 水事業会社の英Sutton & East Surrey Water(以下、SESW社)は、Googleマップを基盤とする作業割り当てシステムを導入し、保守工事作業員を管理している。

 SESW社は、公道や歩道での作業が含まれる水道本管の修繕に適用される地方自治体の建築企画要件に伴う公的手続きを、このシステムで処理している。これで、印刷された作業指示書を毎日集めなければならなかった紙ベースの手続きが不要になった。

Computer Weekly日本語版 2013年6月26日号無料ダウンロード

0626_80.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2013年6月26日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 SESW社のネットワーク管理者であるジェレミー・ヒース氏は、次のように当時の状況を話す。「サットン郡議会は、許可制制度に移行していた。つまり、前日の作業状況を議会に午前10時までに報告しなければ、決められた額の罰金を支払うことになる」

 SESW社は、比較的小規模の水道会社で、全長3500キロの水道本管を管理している。本社と貯水槽は英国サリー州のレッドヒルにある。水道本管の修繕要員として、2人組の作業クルー8組が待機している。

モバイル管理の必要性

 「保守工事クルーから報告が入るまで、時間との戦いだ。携帯電話やタブレットのメールを使うこともできたが、クルーにとって報告は優先順位の高い作業ではないので、いずれも最適なソリューションにはならない」とヒース氏は話す。

 カスタマーサービスの向上も、プロジェクトの狙いの1つだった。

 「顧客の家の外に作業員がいる理由を電話で質問されても、何の作業をしているか分からない状態だった」

 ヒース氏は、モバイルでの作業管理システムがSESW社に必要なことに気付いたが、市販されている製品はWebベースのシステムばかりで、会社のバックエンドのエンタープライズソフトウェアであるMicrosoft Dynamics NAVとは容易に統合できない。重複して情報を入力しなければならないシステムは欲しくなかった。

 そのとき、GoogleによるGoogle Maps Coordinateの作業割当機能のデモを見て、ヒース氏は試用を開始した。

 「Googleから、Googleマップと作業の詳細情報を使ってクルーの現在地を示すWebサイトが提供されている」

 また、ヒース氏は、基本のAndroid端末も選定した。「手始めにシンプルなAndroidフォンを使ってみたが、試用期間中に携帯電話の画面では小さすぎることが分かった」

 画面が大きければ、作業計画書のPDFを表示することもできるだろう。通常、クルーには現場に向かう前にカラー印刷した作業計画書を渡し、壊れた水道本管の修理時に参照できるようにしている。

ポケットサイズの端末

 ある週末、ヒース氏は自宅でタブレットをどこかに置き忘れてしまった。結局、コンバットパンツのポケットに入っていた。

 「クルーのほとんどはコンバットパンツをはいている。7インチのタブレットなら、余裕でポケットに入る」

 ヒース氏が選んだのは、120ポンドのZTE Light Tab 2だ。端末は確かにポケットに収まったが、実際には、クルーの大型トラック内で充電器に有線でつながれていることがほとんどだった。ヒース氏は、端末の価格はかなり安く、耐久性もあるので余分な費用を掛けたくないと、米国製の盗難防止機能の付いたマウントダッシュボード「RamMount」のみを追加で購入した。

 「半年間で、画面の破損が1件起きただけだ」

 ヒース氏は、「新しいシステムを導入できるだけの予算はなかったが、作業指示書の印刷が不要になったことで節約できたコストは、Google Maps Coordinateのコストを容易にカバーできた。これには、経営陣も喜んでいる」と話す。

 「Google Maps Coordinateは、技術的には構成しやすく、数週間で導入できた」

 ZTE Light Tab 2のOSはAndroid Gingerbreadだ。ヒース氏によると、これは携帯電話のOSに近いため、Jelly Beanなど、新しいバージョンよりもクルーには向いている。「トレーニングは1時間半で済んだ」(ヒース氏)

続きはComputer Weekly日本語版 2013年6月26日号にて

0626_80.jpg

この後、ヒース氏の話はGoogleのサポート体制に及びます。彼はGoogleをどのように評価しているのでしょうか。続きは、

で読むことができます。


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.gif

富士通がタグマネジメントのTealiumとデジタルマーケティング事業で協業
富士通はタグマネジメント事業大手のTealiumとデジタルマーケティング事業で協業すること...

news115.jpg

Salesforce.comが人工知能を活用したECプラットフォームを提供開始
Salesforce.comは「Salesforce Commerce Cloud」を提供することを発表した。Commerce Clo...

news148.jpg

Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を提供開始
Supershipは2016年9月29日、位置情報に基づいた効果的な広告配信を実現する「Supership G...