2013年07月31日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!解禁か全面禁止か? 待ったなし「BYOD対策」

利便性を重視してBYODを解禁するか。安全性確保のためにBYOD禁止を徹底するか。勝手BYODのリスクを抑えるためにも、BYOD戦略の明確化は喫緊の課題だ。そのヒントを紹介しよう。

[ITmedia]

BYOD対策に悩む企業への提案

TechTargetジャパンでは2013年4月に、BYODの実態や関連製品の導入状況に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:私物端末からの情報漏えい防止を徹底したい

課題2:端末の盗難/紛失時に、私物データをどう扱うべきかが分からない

課題3:勝手BYODがされているかどうか把握できていない


注目記事

セキュア・コンテナ「DME」の実力

安心してBYODを進めるために必要な3つのこと

BYODを取り入れることでモビリティを高め、業務の効率化や働き方の改革をしたいと思っている人たちへ。ユーザーエクスペリエンスを損なわず、企業にとって重要な情報を守るにはどうしたらよいのか?


注目ホワイトペーパー

APTマルウェアの阻止方法について ――DNSを利用した対策

標的型攻撃にDNSが悪用されている事実を知っていますか?従来のファイアウォールやアンチウイルスでは防ぐことのできない最新の標的型攻撃とその防御方法を解説。


大手企業が続々導入! 現場の創造力を高める情報共有プラットフォーム

「良質なアナログ時間」を作り出すという情報共有プラットフォーム「INSUITE」。大手企業が続々と採用している理由とは?


利便性を損なわず生産性とセキュリティを向上、スマートデバイス導入の秘訣とは?

スマートデバイス導入を検討する企業が増えているが、セキュリティを重視しすぎて使い勝手が悪くなるようでは、社員に活用されないものとなってしまう。セキュリティと利便性を両立するためにワイズマンが選んだ方法を紹介する。


読者調査結果リポート

BYODに関する読者調査リポート

2割が解禁、「BYOD」は損か得か?

私物端末を業務利用する「BYOD」はどの程度浸透しているのか。BYOD解禁に当たっての課題とは何か。TechTargetジャパンの読者調査結果を基に、こうした疑問を解き明かす。