2013年07月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

やがて、アプリがデスクトップに取って代わる「Windows as a Service」はモバイルユーザーを救うか?

デスクトップを丸ごと配信するデスクトップ仮想化(VDI)は、Windowsアプリをモバイル端末から利用する有力な手段だった。代替手段が充実する中、VDIを使い続ける必然性はあるのだろうか?

[Colin Steele,TechTarget]

 スマートフォンタブレットの台頭で、業務部門もIT部門も、デスクトップ仮想化(VDI)を超えるデスクトップおよびアプリケーションデリバリー戦略を検討し始めた。

 課題は、従業員が必要とするアプリ(通常はWindowsベース)に、従業員が使いたい端末(Windowsベースでないケースが増えている)からアクセスできるようにすることだ。こうしたニーズに応えるために、OS全体を抽象化するVDIが長年利用されてきた。だがWindowsアプリの代わりとなるネイティブのモバイルアプリが次々登場していることから、デスクトップへのフルアクセスを必要としないユーザーも出てくるだろう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

IMJ、Tealiumの導入・活用支援サービスを開始
アイ・エム・ジェイは、グマネジメントのTealiumと国内販売代理店契約を締結し、Tealium...

news109.jpg

LINE、ゲーム以外のアプリ世界収益ランキングで2年連続首位に
App Annieは、世界のアプリ市場動向を総括した「2016年アプリ市場総括レポート」を発表し...

news074.jpg

ARを活用したスタンプラリーを簡単に実現、スターティアラボ「COCOAR」に新機能
スターティアラボは、企業向けAR制作ソフト「COCOAR」に、AR(拡張現実)を活用したスタ...