2013年07月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「CRMは死んだ」はもはや遠い過去もうCRMに失敗しない、データ活用成功3つの秘訣

ビッグデータ活用の成功事例が多いマーケティング分野。だが分析のテクノロジーを使いこなせず具体的な成果につなげられないという企業も多い。米SASに、分析を有効に社業の発展に生かすポイントを聞いた。

[内野宏信,TechTargetジャパン]

 昨今、国内でもビッグデータ活用事例が着実に増えつつある。特にマーケティング分野での進展が顕著だ。これを受けて、顧客との継続的な関係作りであるCRMの在り方も変わりつつあるようだ。

 SAS Institute Japanは2013年6月18日、顧客分析/マーケティングに特化した製品群「SAS Customer Intelligence」最新版を発表した。合わせて来日した、米SAS Institute グローバルカスタマーインテリジェンス担当ディレクター ウイルソン・ラジ(Wilson Raji)氏と、北アジア地域担当 カスタマーインテリジェンス プラクティスリードのエリック・サンドシャム(Eric Sandosham)氏に、ビッグデータがマーケティング施策に及ぼすインパクトと、分析のテクノロジーをアクションにつなげるためのポイントを聞いた。

本来の意味でのCRMが、ようやく実現可能に

 「近年、欧米でもビッグデータ活用に関心が集まっている。特にマーケティング分野では進展が著しく、CRMは予測を生かしたよりプロアクティブなものに変わってきている。従来型のCRMは顧客に関する過去のデータから洞察を得て施策を改善していく取り組みだったが、ビッグデータ時代の今、リアルタイムで自社に入ってくる多種多様なデータを生かすことが大きなポイントになっている」

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

企業のネット炎上を疑似体験、ホットリンクが「働くひとのための炎上防災訓練」を販売
ホットリンクは、スタッフを起点としたネット炎上事案の防止を目指す危機管理プログラム...

news061.jpg

トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラ...

news046.jpg

モバイルニュースアプリの利用者数は4683万人――ICT総研調べ
モバイルニュースアプリ市場はここ数年で大きく拡大し、今後も利用者数の増加が見込まれ...