2013年07月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

診療所向け電子カルテ製品紹介:NTTエレクトロニクステクノマルチデバイス対応の在宅医療向け電子カルテ「モバカルネット」

在宅医療では患者の診療情報を院外で閲覧したり、訪問看護師や介護スタッフなどと共有することが求められる。本稿では、在宅医療向け機能を搭載した電子カルテ「モバカルネット」を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 NTTエレクトロニクステクノが2012年8月に提供を開始した電子カルテ「モバカルネット」は、在宅医療現場の業務を効率化し、患者と接する時間を増やすことをコンセプトにしている。長年在宅医療に携わってきた「みらい在宅クリニック」(神奈川県横浜市)の沖田将人医師、「ゆう在宅クリニック」(神奈川県横浜市)の田村陽一医師の監修によって開発した。また、製品名は“モバイル”と“ネットワーク”に由来しており、「いつでも、どこでも、閲覧や入力が可能なクラウド型である」点がその特徴だという。

マルチデバイス対応の在宅医療向け電子カルテ

photo モバカルネット関東エリアサポートチーム

 モバカルネットについて、NTTエレクトロニクステクノ 横浜サービス部 部長 上垣俊二氏は「在宅医療の特性を踏まえ、電子カルテの情報をどこでもすぐに閲覧・入力できることを目指して開発した。ノートPCやタブレット、スマートフォンなどでも利用でき、デバイスを選ばない点が特徴だ」と説明する。また、カルテ入力中にネットワーク接続が途切れた場合でも、過去カルテや検査結果の参照は可能で、入力内容も保持される。

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

訪日韓国人は「NAVER」で何を検索しているのか?――ブルームストリート調べ
日本で休暇を過ごす訪日韓国人が「NAVER」で検索するキーワードとは?

news055.jpg

NTTデータとD2C、デジタルマーケティング分野で協業
NTTデータとD2Cは、デジタルマーケティング分野におけるビッグデータの解析を起点とした...