2013年07月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仮想サーバ用のストレージを改善する10の方法(後編)“ストレージハック”――仮想環境をパワーアップする裏技

予算が抑えられている状況でも、多少投資をして新しいストレージを購入し、仮想インフラのパフォーマンスを向上させなければならない場合がある。

[David Davis,TechTarget]

 使用しているストレージが仮想マシン(VM)に対して最高の入出力(I/O)パフォーマンスを発揮していることを保証するのに役立つ10通りの方法を紹介する。「VAAIまたはODXへの対応」「スナップショットの制限」など5つの方法を解説した前回「“ストレージハック”――仮想環境を最大限に生かすには」に続き、今回は残り5つの方法を取り上げる。

1. シックプロビジョニングかシンプロビジョニングか

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...