Loading
2013年07月29日 00時00分 UPDATE
PR

サーバのスペックや価格で競争する時代は終わった面倒な運用管理が不要、自ら働く“賢いサーバ”とは?

属人的なサーバ運用から解放し、より生産性かつ戦略性の高い業務に注力できる――システム担当者の“本来あるべき”姿を取り戻してくれる新しい製品が注目を集めている。

[ITmedia]

 企業の事業活動と密接に結び付くIT環境は、ますます複雑化している。情報システム部門の担当者は、適切なサーバの運用、保守作業の実施が求められる。しかし、ハードウェアのセットアップから始まり、性能や消費電力、障害監視など日々の管理業務、障害発生時の迅速な切り替え、バックアップによるデータ保護など、サーバ管理の負担は増加する一方だ。

 「煩わしいサーバ運用管理から解放されたい」、そんな現場の思いをかなえてくれるサーバが登場した。導入から監視・運用・保守まで、ライフサイクル全般でサーバ自身が賢く働くという、新たな設計コンセプトに基づいている。以下で詳しく見ていこう。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部