2013年08月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

国際モダンホスピタルショウ2013に見るITシステムが病院経営を丸ごと支援、その最前線は?

近年、「診療情報の分析」「経営指標の把握」「人事管理」など経営支援を目的にITを導入する医療機関が増えている。経営の効率化を支援するITサービスを紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 厚生労働省が2007年に発表した「病院におけるIT導入に関する評価系」では、病院のIT化の目的を16項目に大別している。「医療従事者の業務改善」「事務スタッフの事務作業の効率化」「患者待遇の向上」「患者情報提供サービスの向上」など業務関連だけでなく、「経営指標の把握」「人事管理」など医療機関の経営支援を目的としたIT導入が含まれている。2013年7月17〜19日に東京ビッグサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2013」では、そうした病院経営を支援する製品・サービスが出展されていた。本稿では、その一部を紹介する。

診療情報の統計・分析を支援する医療用DWH「CLISTA!」

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

テレビ視聴に関するアンケート調査――スカパーJSAT
スカパーJSATは、全国の10〜60代の男女を対象に「テレビ視聴に関するアンケート調査」を...

news143.jpg

広告運用支援ツール「AdNote」がバージョンアップ 予算調整、カスタムレポート、分析の業務を自動化
ブレインパッドは、広告運用支援ツール「AdNote」のバージョンアップを発表した。

news025.jpg

中日米3カ国生活者調査で分かったテクノロジー利用率の圧倒的な差――博報堂生活綜研(上海)
中国のテクノロジー生活の現在はどうなっているのでしょうか。