Loading
2013年08月19日 00時00分 UPDATE
PR

MM総研中村氏が聞くユーザー7社が議論、「仕事に役立つタブレット」の条件とは?

導入したタブレットは、当初の想定通りに利用できているのか? 導入や運用に当たっての課題は何か? タブレットのユーザー企業7社の議論から、こうした疑問を解き明かす。

[ITmedia]
tt_tt_EleTag.png

 企業がタブレットの導入や運用を進める際、導入の手間や運用負担、セキュリティなどさまざまな課題に直面するケースは少なくない。要望を受けて導入したにもかかわらず、ユーザーの満足度が低いケースも多く見られる。

 タブレットを導入したユーザー企業は、こうした課題に対してどう向き合っているのか。実態を明らかにすべく、ユーザー企業7社の担当者を招いて座談会を開催した。モデレーターは、タブレットの業務利用に詳しい、MM総研のクラウド&モバイル・ソリューション研究グループ 執行役員 研究部長である中村成希氏が担当。タブレット導入の経緯や利用状況、課題について赤裸々に語ってもらった。その様子を紹介する。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部