2013年08月27日 17時00分 UPDATE
ニュース

NEWSチーム介護の要となるスタッフ間の情報共有を支援、ワイズマン

ワイズマンが複数の事業所や多職種のスタッフにおける介護サービスの利用者情報の共有を支援するWebサービスを提供開始。スタッフ間の事務連絡、経験の浅いスタッフへのアドバイスなどにも利用できる。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo ワイズマンの伊藤氏

 ワイズマンは8月26日、介護スタッフの情報共有サービス「wiseman connect」を提供開始した。介護の現場におけるスタッフ間の事務連絡や意見交換などをリアルタイムに行うことで質の高い介護サービスの提供につなげられるという。

 wiseman connectの開発経緯について、ワイズマンの福祉事業本部 商品開発室 室長、伊藤宏光氏は「80社以上のユーザーへのヒアリングを基に開発した。1人の利用者に対して複数の事業所や多職種のスタッフが関わる“チーム介護”を支えるサービス」と説明する。また、事業所によってIT設備が異なったり、スタッフのITスキルの違いがある現状を踏まえて「機能を限定し、誰でも簡単に利用できるシンプルなサービスなるように心掛けた」と語る。

photo タブレットでの利用例

 wiseman connectは、インターネット接続が可能なPCやタブレット、スマートフォンなどで利用できるWebサービス。wiseman connectでは、スタッフごとに割り当てられたIDとパスワードでログイン。ホーム画面には共有したいスケジュール予定が表示され、担当する利用者の情報を検索できる。

photo wiseman connectのホーム画面

 主に以下の3つの機能を提供する。

  1. 利用者情報共有:関連する事業所のスタッフが利用者の状態を入力して共有する
  2. 掲示板:法人内・事業所内の連絡事項をスタッフ全員で連絡
  3. 会議室:法人内・事業所内のスタッフ間での自由や意見交換の場

 wiseman connectでは、利用者ごとに入力・閲覧などの設定を行う。また、事業所ごとにスタッフの追加・利用停止の管理ができ、3段階のユーザーの操作権限を設けている。

photo wiseman connectの利用者情報共有画面

 「wiseman connectを利用することで、利用者の最新状態の共有、スタッフ間のタイムリーな事務連絡、経験の浅いスタッフへのアドバイスが可能になるなど業務改善にもつなげられる」(伊藤氏)

photophoto 掲示板画面(左)、会議室画面(右)《クリックで拡大》

 サービス月額利用料金はスタッフ人数によって異なる。3アカウントまでは1000円(1事業所当たり。初月は事務手数料が別途2000円掛かる)。まずは、同社の介護事業所向けASPサービス「ワイズマンASPサービス」のユーザーが対象となり、専用Webサイトから申請することで利用可能。将来的にサービスを拡大する予定で、同社は2014年末までに3600事業所での利用を目標に掲げている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...