2013年08月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ゲートウェイセキュリティに関する読者調査リポート次世代ファイアウォールが一番人気、読者が選ぶ次の投資先

ファイアウォールをはじめとする「ゲートウェイセキュリティ」の導入率トップは何か。今後導入が進む製品は。TechTargetジャパンの読者調査から明らかにする。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2013年7月17日から30日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、各種ファイアウォールや侵入検知システム(IDS)/侵入防御システム(IPS)といった、ネットワークの境界などに設置するセキュリティ対策製品「ゲートウェイセキュリティ製品」に関するアンケート調査を実施した。ゲートウェイセキュリティ製品の導入状況や運用方式、課題などを聞いた。本稿は、アンケート調査から明らかになったゲートウェイセキュリティに関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。

調査概要

目的:ゲートウェイセキュリティ対策の実態や関連製品の導入状況について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2013年7月17日〜30日

総回答数:201件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。


ゲートウェイセキュリティは過半数が導入、約3割が新たに導入/刷新の意向

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

楽天イーグルス、スポーツマーケティングのデジタルシフトへ「b→dash」を導入
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」が楽天イーグルスを運営...

news063.jpg

「AIコピーライター 言葉 匠」 トランスコスモスが開発
トランスコスモスとAI研究所Communication Science Labは、インフィード広告を中心とした...

news059.jpg

「Oracle Analytics Cloud」がプライベートDMP構築で活用される理由
日本オラクルは「Oracle Analytics Cloud」の拡充を発表した。プライベートDMP構築にも活...